門田隆将

中国

門田隆将氏、米中貿易戦争 中国のお手並み拝見

「上に政策あれば下に対策あり」という“抜け道国家”中国が意外にも米国との対決の道を選んだことで貿易戦争は後戻りできなくなった。
アメリカ

門田隆将氏が明かす「トランプ握手騒動」と「新聞という病」

トランプ米大統領の来日を報じる数々のニュースのなかで、異彩を放ったのが大相撲観戦の後に同氏が観客と握手したひとコマに対する報道だった。当事者となった作家の門田隆将氏がレポートする。
政治

門田隆将氏、朝日の本音は「天皇制否定」か

平成から令和にかけての洪水のような皇室報道の中で、朝日の4月25日付「天声人語」には、思わず唸(うな)らされた。
政治

門田隆将氏、新聞にとって「平成時代」とは

 新元号「令和」が決まり、平成を振り返る企画も、あとわずかとなった。平成という時代が新聞にとって何だったのかを考えると、これほど栄光と衰退を経験した時代はかつてなかっただろうと思う。
政治

門田隆将氏、岩屋防衛相を「罷免」せよ

国民は、唖然としたのではないか。
政治

門田隆将氏、韓国への「制裁発動」機は熟した

今日は、「竹島の日」である。
政治

門田隆将氏、退化する新聞に喝!

日本には新聞や週刊誌、月刊誌など、さまざまな形態のジャーナリズムが存在している。私は、これらは主に「報道型ジャーナリズム」「論評型ジャーナリズム」「告発型ジャーナリズム」の3種類に分類できると考えている。
政治

門田隆将氏、ここで許したら「日韓の未来」はない

韓国の火器管制レーダー照射事件は、滑稽な展開になってきた。韓国・国防省が4日に公表したBGMつきの映像が、反論にもならないレベルのもので、早期の幕引きに日本が同意したら、日本まで世界の笑いものになってしまうようなものだったからだ。
政治

門田隆将氏、毅然と「対韓制裁」を

“徴用工判決”につづく火器管制レーダー照射事件は、韓国がいかに「異常な国」であるかを物語っていて、興味深い。
政治

門田隆将氏、虎ノ門ニュースでオウムについて語る

俺は以前同じ話を「チャンネルくらら」の方で聞いていたので、衝撃は少なかったが、虎ノ門ニュースでは視聴率が違うので、かなり驚いた方も多かったんじゃ無いかと思う。
タイトルとURLをコピーしました