門田隆将

政治

門田隆将氏「芸術祭」問題を斬る!真実を報道しない左派メディア

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」をめぐる批判が、開催から2週間を過ぎても収まらない。
フェイクニュース

門田隆将氏「“なりふり構わぬ”激しい政府批判と韓国支援の朝日新聞、国民との乖離鮮明」

日本政府が「国家の意志」を貫いた。
フェイクニュース

門田隆将氏、「ホワイト国」除外 それでも韓国に沿う論陣張る新聞という病

言論は多様であってしかるべきだが、誰の目に見ても明らかに重要な外交上の節目において、ここまで国民感情を逆撫でしかねない主張が並ぶのも珍しいのではないか。作家でジャーナリストの門田隆将氏が指摘する。
政治

門田隆将氏、今なぜ「女系天皇」なのか

皇室打倒を掲げていた共産党と、自身の著書でかつて皇室を「生理的にいやだと思わない? ああいう人達(ひとたち)というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」と語った辻元清美氏が国対委員長を務める立憲民主党が相次いで女系天皇容認を打ち出した。
中国

門田隆将氏、米中貿易戦争 中国のお手並み拝見

「上に政策あれば下に対策あり」という“抜け道国家”中国が意外にも米国との対決の道を選んだことで貿易戦争は後戻りできなくなった。
アメリカ

門田隆将氏が明かす「トランプ握手騒動」と「新聞という病」

トランプ米大統領の来日を報じる数々のニュースのなかで、異彩を放ったのが大相撲観戦の後に同氏が観客と握手したひとコマに対する報道だった。当事者となった作家の門田隆将氏がレポートする。
政治

門田隆将氏、朝日の本音は「天皇制否定」か

平成から令和にかけての洪水のような皇室報道の中で、朝日の4月25日付「天声人語」には、思わず唸(うな)らされた。
政治

門田隆将氏、新聞にとって「平成時代」とは

 新元号「令和」が決まり、平成を振り返る企画も、あとわずかとなった。平成という時代が新聞にとって何だったのかを考えると、これほど栄光と衰退を経験した時代はかつてなかっただろうと思う。
政治

門田隆将氏、岩屋防衛相を「罷免」せよ

国民は、唖然としたのではないか。
政治

門田隆将氏、韓国への「制裁発動」機は熟した

今日は、「竹島の日」である。
タイトルとURLをコピーしました