門田隆将

スポンサーリンク
アメリカ

門田隆将氏、ウィグル人権法案で凄まじい米中人権戦争が始まった

米下院が香港に続きウィグル人権法案可決。当局者への制裁を可能にするもので中国は猛反発。「無知で恥知らず。先住民を殺戮し同化政策を強制した国。アフガンやイラクを攪乱してきた米が今度は新疆と香港を攪乱しようとしている」と報道官。凄まじい米中人権戦争が始まった。
政治

門田隆将氏、石垣のりこの発言に「その矛盾倒錯にも気づかないとは…」

高橋洋一氏をレイシズム、ファシズムとした石垣のりこ氏がTwitterで「公職者ですから憲法秩序と相入れない人物や組織に発言や正当化の機会を直接的に与えるわけにはいきませんよねぇ」と開き直り。レッテル貼りの上「発言の機会を与えない」とはまさにファシズム。その矛盾倒錯にも気づかないとは…。
中国

門田隆将氏、人権弾圧でしか国家を維持できない中国共産党の宿命が哀しい

「箸が転んでも安倍批判」との野党・マスコミを突いたレポートが面白い。「論理の跳躍、ゴールポスト(論点)の移動などお手のもの」の大騒動。お陰で国会の重要案件は吹き飛んだ。だが野党の支持率は上昇せず「こんな人達に政権は任せられない」と国民は逆に再確信。
中国

門田隆将氏、森ゆう子ら野党の傍若無人が許された時代は終わった

根拠なき中傷や自宅住所公開で人権侵害を受けた原英史氏が森ゆうこ氏への懲罰と再発防止を求め山東昭子参院議長に請願提出。「国会議員は発言に責任を持ち間違った時は速やかに訂正謝罪を。説明を求められ黙殺はありえない」と原氏。野党の傍若無人が許された時代は終わった。
政治

門田隆将氏、ゼロ回答でも審議復帰の野党に「“まるで韓国”と嗤い者」

「一定の回答が得られた」としてあっという間に審議拒否から復帰の野党。実際には政府・与党からはゼロ回答だった。“まるで韓国”と嗤い者に。最早SNS時代にそんな戦略は通じない。審議拒否には「どうぞ寝ていて下さい」との一言でいい。わかりましたか?自民森山国対委員長殿。
中国

門田隆将氏、愚かな議員達に滅ぼされる私達は歴史の嗤い者に

北朝鮮が弾道ミサイル発射で安倍首相を繰り返し名指しで批判し「遠からず非常に近くで見る事になるだろう」と事実上の宣戦布告。だが日本は何もできず。国会は桜を見る会一色で、国防も憲法も緊急事態条項も一切議論されない。愚かな議員達に滅ぼされる私達は歴史の嗤い者に。
中国

門田隆将氏、習近平国賓に「陛下は“人権の敵”を接待しなければならないのか」

中国湖南省長沙市で7月、50代日本人がまた国家安全局に拘束されていた事が判明。事実関係が明らかにされないままスパイ行為で拘束された日本人は15人に。うち9人は3年〜15年の実刑判決。習氏国賓来日への国民感情は悪化の一途。陛下は“人権の敵”を接待しなければならないのか。
中国

門田隆将氏、香港人が民主主義の力を見せつけた

香港区議会議員選で民主派圧勝。何より凄いのは投票率が71・2%となり過去最高を24ポイントも上回った事。改選前7割の議席を占めていた親中派は250議席以上減らす惨敗。香港人が民主主義の力を見せつけた。民意が示された事で北京困惑。国際社会よ、それぞれのやり方で支援を。
中国

門田隆将氏、中国人工作員が豪州へ亡命 世界が“異形の大国”の実態を知る

銅鑼湾事件にも関与した中国人工作員が妻子のいる豪州への亡命を求め香港台湾での工作活動を告白。香港の大学に留学生を潜入させてのスパイ活動やネットでの言論妨害活動も。支援先として名指しされた台湾国民党総統候補・韓国瑜氏は窮地に。世界が“異形の大国”の実態を知る。
政治

門田隆将氏、遂に文氏のレームダック化が始まった

嘘だらけの国だけに驚くに及ばないが日本政府は“嗤う”だけだ。文政権はGSOMIA破棄問題で勝手に騒ぎ、勝手に撤回。真相は事大主義の国が米の本気の怒りに蒼白になった事。活動家のハリス大使公邸侵入事件以来、米の怒りは尋常でなかった。遂に文氏のレームダック化が始まった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました