長谷川幸洋

スポンサーリンク
アメリカ

長谷川幸洋氏、尖閣防衛に具体的アクションを! “強い姿勢”は米国と共鳴

中国が、沖縄県・尖閣諸島周辺海域に大量の漁船団と武装公船を送り込んで来る可能性が出てきた。
アメリカ

長谷川幸洋氏、中国船が尖閣に押し寄せる8月 日米が「マジギレ」する時

南シナ海に東沙諸島(プラタス諸島)というサンゴの環礁島があるのを、ご存知だろうか。
アメリカ

長谷川幸洋氏、米中“全面対決”に踏み出したトランプ大統領

ドナルド・トランプ米政権が、中国との全面対決に踏み出した。
政治

長谷川幸洋氏、安倍政権が「コロナ減税」にマジになってきた

新型コロナウイルスの新規感染者が7月29日、全国で1260人確認され、過去最多を記録した。
政治

長谷川幸洋氏、「コロナ第2波」来襲…最悪のタイミングでGoToトラベル

迷走の末、政府の観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンが22日から始まった。
中国

長谷川幸洋氏、習近平の暴挙が止まらない 尖閣侵入の「次」のヤバすぎる事態

中国の公船による尖閣諸島周辺海域への侵入が、7月22日で連続100日になった。
中国

長谷川幸洋氏、「ヒトヒト感染」隠していた中国とWHO やりたい放題の中国

米国に亡命した中国出身のウイルス研究者、閻麗夢(エン・レイム)博士が10日、米FOXニュースの取材に答え、新型コロナウイルスについて「中国はもちろん、世界保健機関(WHO)も感染初期の段階から『ヒトヒト感染』が起きていることを知っていた」と証言した。
アメリカ

長谷川幸洋氏、習近平の横暴をアメリカも警戒…「尖閣侵入」に今こそ怒るべき理由

中国海警局の公船が連日、日本の尖閣諸島周辺に侵入している問題を先週のコラムで取り上げたところ、大きな反響があった。
中国

長谷川幸洋氏、中国問題が「ポスト安倍」の最大の焦点

米軍と中国人民解放軍が南シナ海で同時に、軍事演習を展開した。
中国

長谷川幸洋氏、習近平も青ざめる…中国の尖閣侵入に「日本のマジな怒り」を見せる方法

地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備停止を受けて、敵基地攻撃能力の保有をめぐる議論が起きている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました