金正恩

アメリカ

トランプ米大統領、北高官粛清の韓国報道に懐疑的

アイルランドを訪問中のトランプ米大統領は5日、記者団に対し、2月末の米朝首脳会談が不調に終わった責任を問われて北朝鮮高官が粛清されたなどとした韓国紙の報道について「事実かどうかは知らない」と述べ、懐疑的な見方を示した。
アメリカ

南北朝鮮に近づく存亡の危機「韓国は2、3年で崩壊する!」

安倍晋三首相は27日午前、令和時代初の国賓として来日しているドナルド・トランプ米大統領と首脳会談を行った。
アメリカ

トランプ氏「帰国へ解決したい」 拉致被害者家族に決意

トランプ米大統領は27日、北朝鮮による拉致被害者の家族との面会で「あなた方の娘、息子、母を取り戻すようわれわれはともに取り組む。帰国させるように努力したい」と述べた。
アメリカ

金正恩はトランプに会うとき英語が不安だった←だから?

アメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が2018年6月にシンガポールで歴史的な首脳会談を行うことになったとき、会談直前まで世界中で密かに話題になっていたのは、金の英語力の問題だった。
政治

安倍首相、拉致解決へ「国民が一致団結を」 日朝会談実現に意欲

安倍晋三首相が、拉致被害者家族会主催の集会で、日本国民の結束を呼びかけた。
アメリカ

トランプ、拉致で「顕著な進展ない」と金正恩追及

ベトナムのハノイで2月下旬に行われた2回目の米朝首脳会談の席上、米国のトランプ大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、拉致問題への取り組みについて「顕著な進展を見せていない」と迫り、金委員長が言い逃れを繰り返すなど緊迫した場面があったことが16日、分かった。
政治

北朝鮮が何度も食糧不足に陥る本質的な理由

また、北朝鮮の食糧不足が話題になっている。このままでは飢餓が広がるとして、WFP(国連世界食糧計画)やFAO(国連食糧農業機関)が警鐘を鳴らしている。
政治

韓国政府、北朝鮮のミサイルは「飛翔体」、ミサイルではない←頭おかしい

北朝鮮は4日に短距離弾道ミサイル2発と300ミリ新型放射砲などを発射した。
政治

北朝鮮、4日の飛翔体発射はロケット砲などの「攻撃演習」

北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は5日、北朝鮮が4日、金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、長距離多連装ロケット砲と戦術誘導兵器の「攻撃演習」を実施したと報じた。
政治

金正恩が韓国・文在寅の誘いを“無視”した理由

北朝鮮の金正恩党委員長と韓国の文在寅大統領が初の南北首脳会談を行い、「板門店(パンムンジョム)宣言」に署名してから27日で1年が過ぎた。
タイトルとURLをコピーしました