福島香織

スポンサーリンク
イギリス

福島香織氏、英国の華人「女スパイ」 なぜ今MI5は警告を発したのか?

今話題の華人「女スパイ」、クリスティン・リーこと李貞駒について、英国情報局保安部(MI5)が安全保障問題として警告したことは、日本の政界、財界の人たちにとっても他人事ではあるまい。
中国

福島香織氏、北京五輪は専制主義プロパガンダの祭典になってしまうのか

中国の北京に隣接する直轄市、天津市で新型コロナ「オミクロン株」の地域感染が拡大するなか、3週間後に北京冬季五輪が開幕する。
中国

福島香織氏、住民の強制隔離で感染者ゼロ?中国式「ゼロコロナ」のカラクリ

中国陝西省の省都、西安市の新型コロナ感染状況がかなり深刻なようだ。
中国

福島香織氏、またも習近平が政敵つぶしか 元解放軍幹部の劉亜洲が「失踪」中

中国国防大学の元政治委員で解放軍きっての理論家、しかも中共元老、元国家主席の李先念の娘婿という紅二代(共産党の元高級幹部の子弟)のサラブレッドでもある劉亜洲(りゅうあしゅう)上将が逮捕された、という噂がネットを駆け巡っている。
中国

福島香織氏、「選挙」は民意の表れか? 中国がひっくり返す民主主義の常識

民意を問う投票行動は、民主国家の要である、と私も思う。だが、12月に行われたいくつかの国際社会が注目する選挙や住民投票を見ているうちに、単純に民意を示すというにとどまらない複雑な背景を考えさせられた。
未分類

福島香織氏、習近平の「自爆」でいよいよ中国が「ヤバすぎる下流社会」へ大転落する…!

中国で教育改革「双減」政策(宿題と塾の二つを削減し、受験過当競争を緩和し、子供たちに対する圧力を緩和する政策)が今年7月に打ち出されてから4か月がたった。
中国

福島香織氏、西側民主主義より優れていると言い張る「中国の民主」の正体

米国が12月9~10日の日程で、台湾を含む110カ国を集めてオンラインの「民主主義サミット」を開催するのだが、これに招待されていない中国が12月4日、突如「中国の民主」と題した白書を発表した。
中国

福島香織氏、トップアスリートも失踪 そんな国で五輪を開いてはいけない

中国の女子テニスプレイヤー、彭帥が11月2日に突如、張高麗・元政治局常務委員からの性的搾取、性暴行に対する告発を微博に投稿し、その後21日まで公の場に姿を現さなかった、いわゆる「彭帥失踪問題」は、中国当局の予想を超えて世界を揺るがすこととなった。
中国

福島香織氏、台湾統一に向けた中国の実力行使が2027年に始まると見る理由

新型コロナウイルスをいち早く抑え込むことに成功したと思いきや、大手不動産開発会社・中国恒大集団の経営危機が波紋を広げる中国。
アメリカ

福島香織氏、習近平に「古い友人」と呼ばれてしまったバイデンの胸の内

11月16日の米中首脳オンライン会談に対する評価は、メディアごと、あるいはチャイナウォッチャーごとにかなり分かれたのではないだろうか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました