石平

スポンサーリンク
中国

石平さん、中国は金の卵を産むニワトリを自ら殺した

警察国家と化した香港では、不用意に法に触れる可能性があり市民の安心感は消える。
中国

石平さん、「石平の中国深層分析」独裁者の面子を守るために香港が殺された

香港住民でない外国人までを「香港国家安全法」の適用対象とした習近平政権はもはや、世界の主人となって世界中の人々を支配てしまおうとするような狂気にとられている。しかしそれでは彼ら自身はもはや人類共通の敵、習近平政権こそはこの地球の癌である。
中国

石平さん、北京のロックダウンも近い?

北京近郊の安新県は昨日ロックダウンされた。北京の新発地卸市場に出入りした感染者が県内で多数確認されたからである。しかしこの安新県よりも、北京中心部は問題の新発地市場にずっと近いし、市場とは往来も多い。安新県がこうなっていたら北京市とその周辺一帯は危ない。北京のロックダウンも近い?
中国

石平さん、権力の醜悪な取引から生み出された「怪物」が牙を剥いた時、南中国は水の下?

山峡ダムの下流にある重要都市の宜昌市は水没寸前となった。ダムによる放流の結果であると見られる。しかし山峡ダムは貯まった巨量の水を放出しなければそれ自体の崩壊もあるから、ダムはまさに災いの元。このような問題ダムはどうして建設されたのか。「石平の中国深層分析」で一度考察して見よう。
中国

石平さん、今の北京は「第二の武漢」なのか

6月20日付の北京市平谷区政府当局の内部資料が暴露された。新型コロナ対処のために、「方艙医院」と呼ばれる臨時医療施設を三つ作ろうとする内容。今年1月に武漢は感染拡大で陥落した時、数千人規模の感染者を収容できる「方艙医院」が急造されたことはあるが、今の北京は「第二の武漢」なのか。
中国

石平さん、「石平の中国深層分析」「香港国家安全法」中国は何を得て何を失うのか

「香港国家安全法」とは何か。その施行により香港はどうなるのか、そして中国が何を得て何を失うのかを分かりやすく解説する。
中国

石平さん、コロナ宣伝戦をみれば 南京大虐殺のウソがわかる

「武漢ウイルス」はまるで第三次世界大戦の様相を呈していませんか。
中国

石平さん、中国共産党の罪は許してはならない 人類への犯罪は徹底的に清算すべき

あのWHOからもやっと、真実を語る造反者が出た。コロナウイルスを世界中に拡散させて四十数万人の命を奪った中国共産党政権の罪は許してはならない。WHOのテドロスも同罪だ。人類への犯罪は一度、徹底的に清算すべきである。
アメリカ

石平さん、ウイグル人権法署名、G7声明で中国を追い詰めたのである!

中国外交トップが米国領ハワイへ出向いて会談しにへ行ったのはそもそも、習政権が追い詰められていることの証拠だが、会談の最中、トランプ大統領がウイグル人権法に署名、G7が香港国家安全法を「懸念」 する声明を出し、さらに中国を追い詰めたのである!
中国

石平さん、「石平の中国深層分析」「露店経済」で中国を救えるのか

昨夜の北京市内の映像。確かに、「戦時状態」となっている雰囲気である。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました