河添恵子

スポンサーリンク
中国

河添恵子氏、中国 8年前の“コロナ死”隠蔽か 香港「国安法」に報復準備も

新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)や、香港への「国家安全維持法(国安法)」施行などめぐり、自由主義国と中国の緊張が高まるなか、英国メディアが「中国の政財官界工作」や「武漢研究所の闇」に迫る報道を連発している。
インド

河添恵子氏、中国とインドが一触即発! 紛争の先に「チベット独立」の可能性も

中国の全国人民代表大会(全人代)常務委員会は6月30日、「香港国家安全維持法」を可決・成立させ、香港政府は即日、同法を施行した。
アメリカ

河添恵子氏、米議会が対中国最大の制裁案! “スパイ活動”根絶へビザ制限

新型コロナウイルスの感染拡大や、香港への「国家安全法」の導入決定などをめぐり米中関係が悪化するなか、マイク・ポンペオ米国務長官と、中国外交担当トップの楊潔チ共産党政治局員は17日にも、米ハワイで会談する方向で調整している。
中国

河添恵子氏、中国に隠ぺい新疑惑! 武漢市で新型コロナ感染“昨夏拡大”か

新型コロナウイルスが、中国湖北省武漢市で昨年夏から広がり始めていた可能性があるという研究結果が発表された。
アメリカ

河添恵子氏、米連邦捜査局、中国頭脳集団を数年前から捜査対象に!?

ドナルド・トランプ米政権は、中国による先端技術や知的財産のスパイ活動を防ぐため、中国人民解放軍とつながりのある中国人の研究者と大学院生への査証(ビザ)発給を停止し、入国拒否・追放に乗り出した。
アメリカ

河添恵子氏、トランプ大統領 WHOへ最後通告! 中国は報復仕掛けたが…

新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)を受け、各国で「脱中国」が加速している。
中国

河添恵子氏、コロナ禍に動く中国の“軍事謀略” 

新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)が続くなか、世界保健機関(WHO)の年次総会が18日、開催される。
中国

河添恵子氏、疑惑深まる新型コロナ「天然ウイルス説」 

日本ではいまだに、「武漢市の海鮮卸売市場で売っていたコウモリから、人間が感染した」という、中国当局が主張する「天然ウイルス説」が前提になっている。だが、世界はそのように報じているだろうか?
フランス

河添恵子氏、武漢市「ウイルス研究所」に“中国とフランスの闇”は暴かれるのか?

「われわれが知らないことが起きているのは明らかだ」 フランスのエマニュエル・マクロン大統領は4月中旬、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)紙のインタビューでこう述べた。
アメリカ

河添恵子氏、アメリカ コロナで中国の責任追及へ! 

ドナルド・トランプ米政権が、新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)をめぐり、習近平国家主席率いる中国の関係追及に乗り出したようだ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました