歳川隆雄

スポンサーリンク
アメリカ

歳川隆雄氏、軍事緊張はエスカレート…習近平がアメリカに「弱腰」になれない深刻事情

香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(10月5日付電子版)が報じた通り、米国のジェイク・サリバン国家安全保障担当大統領補佐官と中国の楊潔篪共産党政治局員は6日にスイスのチューリッヒで6時間超えの会談を行った。
アメリカ

歳川隆雄氏、アメリカ人の89%が中国を「競争相手」「敵」と見なしている…その驚きの理由

アメリカ人の89%が中国を「競争相手」「敵」と見なしている…その驚きの理由 「日本異質論」の時と同じだ 「コーンウォール・コンセンサス」 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)米国版エディター・アット・ラージのジリアン・テット女史が寄稿した...
中国

歳川隆雄氏、日米豪印の「対中国抑止策」に欧州が参戦…尖閣諸島問題に与える強烈なインパクト

5月12日夕4時半から、自民党政務調査会国防部会・安全保障調査会の合同会議が東京・永田町の自民党本部9階901号室で開かれた。
アメリカ

歳川隆雄氏、驚きの意味不明瞭さをみせたバイデン米大統領

ジョー・バイデン米大統領は3月25日午後(米東部時間)、ホワイトハウス(WH)で就任後初めて記者会見を行った。
アメリカ

歳川隆雄氏、中国の尖閣侵入 菅首相に残された「バイデン見参」という選択

国会での衆院予算委員会がヤマ場を迎える中で、2月24日夕、菅義偉首相の長男が勤務する放送関連会社・東北新社から過剰接待を受けていた総務省(黒田武一郎事務次官)幹部ら11人が国家公務員倫理規程に違反していたとして、減給などの懲戒処分を受けた――。
アメリカ

歳川隆雄氏、まさかの「トランプ当選」…なのか?

11月3日の米大統領選を4日後に控えた今、劣勢と見られている現職のドナルド・トランプ大統領の猛追が大きな話題となり、民主党のジョー・バイデン前副大統領陣営は危機感を強めている。
アメリカ

歳川隆雄氏、米大統領選後 台湾で起こる最悪のシナリオ

奇しくも同じ10月23日付の「読売新聞」と「日本経済新聞」が台湾問題を巡り米中間の緊張がピークに達していると大きく伝えている。
アメリカ

歳川隆雄氏、米大統領選 トランプ氏支持の岩盤層は侮れない

米大統領選の投開票は、2週間後の11月3日である。
アメリカ

歳川隆雄氏、トランプは本当に「劣勢」なのか

11月3日の米大統領選まで1カ月を切った10月7日夜(日本時間8日午前)、米副大統領候補によるテレビ討論会が西部ユタ州ソルトレークシティーのユタ大学で開かれた。
アメリカ

歳川隆雄氏、米大統領選 トランプ新型コロナから復活すれば大逆転あり得る

「ドナルド・トランプ大統領にとって大きな痛手となる討論会だった」-。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました