大原浩

スポンサーリンク
中国

大原浩氏、共産主義中国より「華僑・台湾」と手を組んだ方が日本は発展する

米国だけではない……隠ぺいによってウイルスを拡散させた中国共産党に対する怒りが世界中で高まっている。
政治

大原浩氏、自給自足型経済で“V字回復”日本の黄金時代到来へ!

日本の新型コロナウイルス対策は、都市封鎖など強制力のある措置を取らなかったが、欧米などに比べて感染者数や死者数を抑え込んでいる。
政治

大原浩氏、歪んだ日本のPCR検査信仰 死者・感染者が少ないのには理由がある

中共肺炎は、武漢発の世界に広がった大厄災である。
政治

大原浩氏、コロナで「潰れる人、潰れない人」

現在の社会の閉塞感に中国・武漢から騒動が始まった新型ウイルスが影響していることは否定できない。
中国

大原浩氏、独裁国家・中国が常任理事国にいる異常

トランプ米大統領は4月14日、新型コロナウイルスのパンデミックへの対応を誤ったとしてWHOへの資金拠出を少なくとも一時的に停止すべきだと述べた。
政治

大原浩氏、WHOの問題は氷山の一角「国連」のお粗末すぎる内情

中共(武漢)肺炎パンデミックが広がる中で、WHO(世界保健機関)と事務局長であるテドロス・アドノム氏は常に脚光を浴びる存在だ。
政治

大原浩氏、コロナ危機 日本は本気で「中国からの撤退と北朝鮮崩壊」に準備せよ

柔道・レスリングなどのスポーツの国際試合で、ケガをしてサポーターを巻いた部分を執拗に攻撃する外国人選手がいる。
中国

大原浩氏、マスク不足の真犯人は誰だ! 中国共産党政権の火事場泥棒を許すな

「アベガ―」と連呼する人々は、有事に匹敵する国難にもかかわらず、相変わらず「政権打倒のための創り上げられた批判」を繰り返している。
政治

大原浩氏、コロナ危機で、じつは日本が「世界で一人勝ち」する時代がきそうなワケ

2月3日公開の記事「目先の株価にバタつくな!バフェットの神髄は『機が満ちるまで待て』」)、3月25日の記事「『コロナほどの大暴落も悠然と構えればよし』バフェット流投資の秘訣」で述べた様に、今回の新型肺炎ショックによる株式暴落も、「未来を予想できないから常に備える」バフェットにとっては「想定内」である。
中国

大原浩氏、「マスク戦争」の戦犯は誰なのか 

新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)はさらに加速しており、米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、死者が10日、世界全体で10万人を超えた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました