大原浩

スポンサーリンク
アメリカ

大原浩氏、SNSが先導 選挙不正問題に蓋 米国で現代の魔女狩りが始まった

SNSが先導、選挙不正問題に蓋、米国で現代の魔女狩りが始まった メルケル、マクロンも危惧を表明 「公正な選挙」が「権力の集中」を防ぐ 今回の史上まれに見る混乱ぶりを考えれば、米国の大統領選挙史上唯一順守されてきたと言ってよい、1月20日の...
アメリカ

大原浩氏、民主主義“崩壊”の米国に迫る「分断と革命前夜」

米連邦議会は6日午後、米大統領選の投票結果を認定するため上下両院合同会議を開いた。しかし、審議が始まって間もなく、群衆が議会内に侵入した。
アメリカ

大原浩氏、それでも「臭いものにふたをすれば民主主義の危機だ」と叫びたい

世界が注目していた、大統領選の投票結果を認定するため上下両院合同会議が1月6日午後(米国時間)開かれた。
アメリカ

大原浩氏、中国の学者が大暴露「米国は中国に支配されつつある」って本当?

中国の学者が大暴露「米国は中国に支配されつつある」って本当? 媚中派大統領3人とウォール街の行状 中国共産党と米民主党は親密以上! 2020年米国大統領選挙の混乱や行方については、12月17日の「トランプが敗北しても『真の敗北者は民主党』...
アメリカ

大原浩氏、トランプ派の蜂起で「内戦」勃発!? 最終的敗者は「民主党」だ

米大統領選では、民主党のジョー・バイデン前副大統領(78)が選挙人投票で過半数を確保したと報じられたが、選挙不正の疑惑はこのまま封じ込められてしまうのか。
アメリカ

大原浩氏、どこまでも粘るトランプがいまだ「絶大な支持」を得ているワケ

相変わらず、大本営発表ならぬ「民主党発表」をたれ流す御用メディアは「当選を確実にしたバイデン氏……」などというプロパガンダを繰り返しているが、少なくとも、トランプ氏が「敗北宣言をせず法廷闘争を続行」している限り、「誰が次期大統領になるのかわからない」状態である。
アメリカ

大原浩氏、アメリカ大統領選不正疑惑は「正義と良心」の戦い

混乱が続いた米大統領選は、14日の選挙人投票で大詰めを迎える。
アメリカ

大原浩氏、共通の敵を失った米民主党を待ち受ける内ゲバ 「特定野党」化

今回の米国大統領選挙を見ていると、どうしても思い出してしまうのが、2009年8月末の衆院選で自民党を破り誕生した民主党政権である。
アメリカ

大原浩氏、バイデン氏「三日天下」の可能性

米大統領選は民主党のジョー・バイデン前副大統領(78)が勝利宣言して2週間が経過した。
アメリカ

大原浩氏、危機を招いた中間層の疲弊 嗚呼アメリカ民主主義よどこへ行く

今回の米国大統領選挙の混迷ぶりについては、11月7日の記事「郵便投票不正疑惑―結局、不信と分断を決定的に増幅した米大統領選挙」、10月27日の記事「第2次南北戦争も―選挙結果がどうなっても米国の分断は避けられない」などにおいて、「第2次南北戦争」に至る可能性も含めて詳しく述べてきた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました