北朝鮮

スポンサーリンク
アメリカ

“一触即発”か!?北朝鮮「核・ミサイル」実験再開を示唆 

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮が、「核・ミサイル実験の再開」を示唆した。
アメリカ

長谷川幸洋氏、金正恩が「ソレイマニ殺害」を見て考えていること

米国とイランの衝突の内幕が、次第に明らかになってきた。
アメリカ

2・16“新軍事作戦”で正恩氏を排除!?「トランプ氏は変わった。やる気だ」

ドナルド・トランプ米大統領が、「軍事オプションの選択」に自信を深めている。
アメリカ

金正恩氏、“イランの英雄”殺害で米特殊部隊の遂行能力に震撼

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長周辺の緊張感は極限状態か。
アメリカ

トランプ氏の“狂気”に正恩氏震える!? イラン・ソレイマニ司令官の爆殺で

ドナルド・トランプ大統領率いる米軍が「テロの首謀者」として、イラン革命防衛隊のガーセム・ソレイマニ司令官を攻撃・殺害したことで、北朝鮮の挑発行為が止まっている。
アメリカ

渡邊哲也氏、今年、米国が北朝鮮に軍事攻撃の可能性も…

19年は日韓関係が戦後最悪の状態を迎えたといわれ、18年に続き米中貿易戦争が世界経済の大きなリスクとなった。
政治

「正面突破」連呼…焦る金正恩氏 対米・制裁、打つ手なく

「制裁圧迫を無力化させ、社会主義建設の新たな活路を切り開くための正面突破戦を強行すべきだ」-。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は党中央委員会総会でこう訴えた。
アメリカ

長谷川幸洋氏、トランプが金正恩を見下す理由

米国のトランプ政権は、何を最重要の政策課題と考えて、政権を運営しているのだろうか。
政治

正恩氏、肉声の「新年の辞」なしか…総会で「新兵器目撃することになる」

1日の朝鮮中央通信によると、異例の4日間にわたった朝鮮労働党中央委員会総会が12月31日で閉会した。
政治

ミサイル乱発…いよいよ苦境の金正恩は「新年の辞」で攻勢に出るか

日本を訪れていたイランのハッサン・ロウハニ大統領が12月21日、2日間の日程を終えて帰国した。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました