中国

スポンサーリンク
アメリカ

石平さん、台湾を加えた日米台での安全保障協力の枠組みをつくるべき

岸信夫防衛相が、月刊誌「正論」1月号増刊「台湾危機」に寄せた論文が話題になっている。
アメリカ

中国共産党が「習主席の失脚」を画策…暗殺の危機も!?

11月の米大統領選に直結する、ドナルド・トランプ大統領(共和党)と、ジョー・バイデン前副大統領(民主党)による第1回テレビ討論会が29日夜(日本時間30日午前)、開かれる。
中国

石平さん、習近平はもはやストーカー 王毅までよこして来るとはさすがに笑う

このニュースを聞いて流石に笑った。国家元首の習近平が菅首相の電話会談相手の最後に回され、念願の国賓訪日も棚上げにされた。菅政権からそれほどの冷遇を受けていてもなお王毅をよこして来るとはよほど日本にすがりたい。もはやストーカーになっているようなものだ。
アメリカ

長谷川幸洋氏、菅政権「対中外交」も“従来路線”継続!

菅義偉政権は、中国にどう向き合っていくのだろうか。
中国

石平さん、会談は一番最後に回され熱望の国賓訪日も棚上げに 習近平の涙目か

先ほど人民日報を確認した。日中首脳電話会談に関する中国側の発表でも「国賓訪日」の話は出なかった。菅首相の一連の首脳電話会談で一番惨めな思いをしたのは習近平。一番乗りで菅さんの首相就任に祝電を送ったのに電話会談は一番最後に回れされ、熱望の国賓訪日も棚上げにされた。習近平の涙目か。
中国

石平さん、日中電話首脳会談で国賓来日こそ棚上げすべき

菅義偉首相は25日夜、中国の習近平国家主席と初めての電話首脳会談に臨む。
アメリカ

長谷川幸洋氏、激怒したアメリカが台湾を本気で支援し始めた

台湾をめぐって、米国と中国の対立が激化している。
中国

石平さん、世界一の要注意人物・習近平の思考回路

習近平といえばいま、毛沢東以来の、共産党政権最大の独裁者となっている。
中国

福島香織氏、「中国のトランプ」に鉄槌 習近平文革の始まりか

「中国のトランプ」といわれるほどの遠慮のない発言、放言で知られる、紅二代(親が革命の功労者)の実業家・任志強(じん・しきょう)は、今年(2020年)2月に習近平を「裸の皇帝」「道化」などと激しく批判し、宮廷クーデターを煽ったともとれる署名原稿を米国発の華字論文サイトに寄稿したことで、およそ半年にわたって身柄拘束されていた。
アメリカ

河添恵子氏、米国・台湾「国交樹立」へ現実味! “親中”米大使が突然の退任で…

米中対立の激化が止まらない。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました