中国

スポンサーリンク
中国

福島香織氏、香港市民がデモ隊の「暴力」を容認する切実な理由

こうした香港をめぐる党内の意見対立がどうなるかは10月の四中全会まで待たなければ見通しが立たないが、私はなんとなく、香港のデモは思わぬ形で中国共産党のあり方に影響を与え、国際社会の大きな変化と連動していくのではないか、という気もしてきた。
中国

門田隆将氏、香港デモの影響更に拡大

香港デモの影響が更に拡大。台湾総統選への出馬を鴻海の郭台銘氏、台北市長の柯文哲氏いずれも見送り、中国寄りの国民党・韓国瑜支持も急落。どん底だった蔡英文総統は完全に息を吹き返した。昨日は香港の黄之鋒氏が米公聴会で"香港人権・民主法案"可決を請願。中国どうする?
中国

石平さん、香港対応に見る習近平政権のだらしなさ

9月15日、香港で再び大規模な抗議デモが起きた。
中国

福島香織氏、闘争を50回連呼、習近平は一体何と戦っているのか

中国共産党中央総書記の習近平が9月3日に中央党校の秋季中青年幹部養成クラスの開講式で行った15分間の講話の中で、「闘争」という言葉がなんと58回も繰り返されたという。
中国

石平さん、香港市民を褒める

香港市民はよくやってくれた! 中華人民共和国の国歌なんかは、ただの「やくざ行進曲」でしかない。しかもれっきとした反日歌曲でもあるから、本来なら日本人こそがそれにブーイングしなければならないのだ。
中国

高橋洋一氏、香港と「一国二制度」の本質

香港政府はいわゆる「逃亡犯条例改正案」の撤回を正式発表した。中国と香港の関係は今後どうなるのか。
中国

香港デモで崖っぷちの習近平政権 中国が「弾圧」なら米は報復示唆

大規模デモが続く香港で11、12日、「一帯一路サミット」が開催される。
アメリカ

ペンス副大統領、今秋に中国政策演説へ ポンペオ氏は国連総会での中国糾弾目指す

米ホワイトハウスのミラー副大統領副報道官は6日、ペンス副大統領が中国に関する政策演説を今秋、ワシントン市内の政策研究機関「ウィルソン・センター」で行うことを明らかにした。
中国

石平さん、香港長官「条例撤回」は事実上のクーデター

香港政府トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は9月4日のテレビ演説で、刑事事件の容疑者を中国本土へ引き渡すことを可能にする「逃亡犯条例」改正案を完全に撤回すると表明した。
中国

門田隆将氏、香港逃亡犯条例撤回は遅すぎた

条例の撤回は遅すぎた。周庭氏によれば、この3か月で自殺者8人、失明3人、親北京派のナイフによる襲撃で重傷者2人、逮捕者1000人超、起訴100人超、怪我人無数……。容赦ない警察の暴力は映像によって世界が目撃した。闘いはこれからも続く。血を流さなければ勝てない民主化革命の宿命は悲しすぎる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました