中国

スポンサーリンク
アメリカ

加藤清隆氏、バイデンの組織的大規模な選挙不正こそ「捏造」や「嘘」 

バイデンは就任演説で「事実そのものが操作されたり、捏造されたりする文化を拒否しなければならない」「権力と利益のために嘘がつかれた」と強調するが、一体どの口が言っているのか?組織的大規模な選挙不正こそ「捏造」や「嘘」。だから「民主主義が勝利を収めた」などと言う言葉が平気で出てくる。
アメリカ

福島香織氏、日本に災厄 米大統領選の最大の勝者は中国だった?

米大統領選の結果を受けて1月20日、米国の首都ワシントンでは2.5万人の州兵が不測の事態に備えるなか、就任式が行われた。
アメリカ

石平さん、バイデン氏の当選でむしろアメリカの民主主義が大変な危機を迎えている

バイデン氏は自分の当選について「民主主義の勝利」云々という。この論理だと、相手の当選はすなわち「民主主義の敗北」となる。しかしこのような言い方自体はまさに民主主義に対する否定、アメリカにたいする分断そのものだ。バイデン氏の当選でむしろ、アメリカの民主主義が大変な危機を迎えている。
アメリカ

米大統領就任式“襲撃計画”か 当日は州兵2万人超投入で厳戒態勢 

ジョー・バイデン次期米大統領は20日(現地時間)、首都ワシントンの連邦議会議事堂西側の特設会場で就任式に臨む。
アメリカ

福島香織氏、トランプが最後に連発する駆け込みアクションの意味

トランプ政権の任期が残りわずか10日余りとなった1月9日、ポンペオ米国務長官は米国と台湾の交流制限撤回の声明を出した。
中国

福島香織氏、「ジャック・マー失踪」の全舞台裏…中国経済が「大ピンチ」へ!

中国ではこの数か月、アリババをはじめとするインターネットプラットフォーム企業が「独禁法違反」のターゲットになって、厳しく取り締まられている。
中国

習近平氏、脳動脈瘤で入院治療

YouTubeで配信されている中国時事番組チャンネル「路徳(ルードゥー)社」によると、中国共産党の習近平総書記が脳動脈瘤の治療のため入院しているという。
アメリカ

門田隆将氏、世界が全体主義に向かっている 気がついた時は遅い

世界が全体主義に向かっている。再び“階級闘争”の時代を迎えたのだ。だが資本家と労働者の闘いではない。人種、性別、収入、学校、職種、価値観…あらゆる差異を強調して“差別の被害者”を創出し不満を利用して一種の階級闘争を生み出し変革させる策謀。背後には中国の影も。気がついた時は遅いだろう。
アメリカ

加藤清隆氏、アメリカ大統領選問題どちらが勝っても内戦状態との見方

1月6日の米上下両院合同会議で大統領選問題にどちらが勝っても事実上の内戦状態になるのではないか、との見方が出ている。左派のANTIFAやBLMは勿論のこと、右派も退役軍人を中心に「愛国者」が蜂起するとの噂があるのだ。この時こそトランプ大統領は戒厳令や非常事態宣言を施行する必要が出てくる。
アメリカ

門田隆将氏、歴史に残る連邦最高裁の「使命放棄」

民主主義はこうして滅びていく──2020年10月以降のアメリカは、そんな壮大な映画を観させてもらっているかのようだった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました