ロシア

スポンサーリンク
ロシア

米NWの衝撃報道、ロシアの「日本侵攻計画」は本当に存在したのか?

ロシアが昨年(2021年)夏にウクライナではなく日本攻撃を準備していたと米ニューズウィーク誌が報じ、大きな話題になっています。
アメリカ

長谷川幸洋氏、「プーチンと交渉せよ」…ここにきて米国が ウクライナを「裏切る」かもしれない

米国のウクライナ支援は「和平交渉路線」に変わったのではないか。
ロシア

高橋洋一氏、ロシアへの「賠償請求」は可能か 国連総会で決議も「敗戦」に持ち込むのは至難の業

国連総会の緊急特別会合で、ロシアに対し、ウクライナの被害に法的責任を負うとして損害賠償を求める決議が採択された。
ロシア

ロシア軍最大の“敗因”は兵站の脆弱さ、まともに補給物資も届けられない実情

2022年11月11日ロシア侵略軍が最重要拠点の1つであるウクライナ・ヘルソン市を手放した。
ロシア

ロシアエリートの「プーチン離れ」 後継者は誰になるか

Economist誌10月30日号が「ロシアのエリートがプーチンなき将来を考え始めている。プーチンの排除が少なくとも考えられている」との記事を掲載している。
ロシア

習近平登場は日本にとっての天佑~中国とロシアが計画経済に戻っていく

今、世界では、ロシア・中国を筆頭に市場経済が退潮し、指令経済・国営経済が台頭する動きが見られる。
ロシア

プーチン最後の希望「核爆弾」をウクライナがまったく恐れていない「納得の理由」

ウクライナのゼレンスキー大統領は、11月12日までに、ロシア軍は主力戦車の半分を戦闘で喪失しているという米国防総省のカール次官の分析に対し、「おおむね現実を踏まえた内容になっている」とコメントした。
ロシア

「兵士は畑で取れる…」ロシア軍の人命軽視が招く“惨状” 専門家は「第二次世界大戦から全く進歩してない」

1963年、佐藤純彌監督(1932~2019)の映画「陸軍残虐物語」(東映)が公開され、多くの話題を集めた。
ロシア

プーチンが「核のボタン」を押せない2つの事情

ロシア・ウクライナ戦争の開戦以来、常に最大の懸念となっているロシアの核使用。
ロシア

ロシア動員兵の一個大隊「ほぼ全滅」6割が〝同士討ち〟の分析 続く混乱に収拾付かず 督戦隊が味方を後方から銃で脅しているとの報告も

ロシアのプーチン大統領の部分動員令でウクライナ前線に送られた動員兵が、悲惨な事態を迎えている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました