北朝鮮

スポンサーリンク
北朝鮮

相次ぐ政治的パフォーマンスに垣間見える金正恩の焦りと不安

最近の北朝鮮は、政治的パフォーマンスのためのショーが目白押しだ。
北朝鮮

北朝鮮にとって「理想的な日本の首相」だった河野太郎と野田聖子

日本の総裁選投票日の前日の9月28日、北朝鮮は新型ミサイルの発射実験を行った。
北朝鮮

武藤正敏氏、北朝鮮がミサイル連発のさなか「制裁解除」主張する文在寅の狂気

北朝鮮がミサイル連発のさなか「制裁解除」主張する文在寅の狂気 韓国を翻弄する金正恩は核ミサイル保有の既成事実化を狙っている 韓国の有力紙「中央日報」は10月6日、「北の戦術ミサイル脅威、われわれの目の前に近づいた」と題するコラムを掲載した...
北朝鮮

北朝鮮はもはや「紙幣」が刷れない!:経済崩壊でいよいよ国家体制の危機か

北朝鮮がついに自国の紙幣を刷ることができなくなった。
中国

大原浩氏、これは習近平の経済自爆戦術か 行き着く先は巨大な北朝鮮

これは習近平の経済自爆戦術か、行き着く先は巨大な北朝鮮 中国恒大はきっかけに過ぎない? 9.23は越えたが1ヵ月後は? 共産主義中国の大手不動産会社である中国恒大の債務問題がここのところ世間を騒がしている。注目されていた9月23日の利払い...
北朝鮮

なぜ韓国で市民活動家出身の北朝鮮スパイが暗躍しているのか

最近、韓国社会を騒がせている「忠北(忠清北道)同志会スパイ団事件」で、国家情報院と警察当局は8月20日、容疑者4人のうち3人の身柄を清州地方検察庁に引き渡した。
アメリカ

鈴置高史氏、面従腹背の文在寅 ソウルに戻ると即、金正恩に“詫び状” 米国でも始まった「嫌韓」

中国・北朝鮮側に大きく傾いていた韓国。5月21日の米韓首脳会談で、米国側に一気に引き戻された。
アメリカ

武藤正敏氏、北朝鮮への幻想捨てられぬ文在寅 米国の対北政策を必死に牽制

菅義偉総理が訪米して4月16日に行われた日米首脳会談では、米国による「対北朝鮮政策の見直し」が重要なテーマの一つであった。
アメリカ

武藤正敏氏、北朝鮮が「習近平とタッグ」で突き進む「核兵器大量開発」のヤバすぎる末路

韓国の外交安保シンクタンク峨山(アサン)研究所と米国のランド研究所が共同で報告書を発表し、北朝鮮は2027年には最大で242個の核兵器と数十基のICBMを保有し、先制攻撃も可能となるとの衝撃的な内容を発表した。
アメリカ

古森義久氏、日本人拉致問題 期待できなくなった米国の協力

4月2日に開かれた米国、日本、韓国の安全保障担当高官の会議では、北朝鮮による日本人拉致事件の解決に向けた国際協力がこれまでになく小さな比重しか与えられなかった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました