中国

スポンサーリンク
アメリカ

長谷川幸洋氏、“日米をテスト”中国軍機の台湾進入 「怒り」伝わらない岸田・バイデン政権の傍観的対応

岸田文雄首相は8日、初の所信表明演説を行う。
アメリカ

大原浩氏、バイデン政権では中国発の経済混乱を防げないと思えるこれだけの不安

「経済の繁栄よりもイデオロギーを優先」する「ネオ毛沢東主義」を掲げる習近平政権が、意図的であろうと、そうでなかろうと、中国経済を崩壊させるであろうことについては10月2日公開「これは習近平の経済自爆戦術か、行き着く先は巨大な北朝鮮」、6月1日公開「習近平が“自爆”…欧米日が『脱・中国』するウラで、これから本当に起きる『ヤバい現実』」、3月29日公開「『金の卵を産むガチョウ』を絞め殺す習近平政権に未来は無い」などで詳しく述べてきた。
アメリカ

歳川隆雄氏、軍事緊張はエスカレート…習近平がアメリカに「弱腰」になれない深刻事情

香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(10月5日付電子版)が報じた通り、米国のジェイク・サリバン国家安全保障担当大統領補佐官と中国の楊潔篪共産党政治局員は6日にスイスのチューリッヒで6時間超えの会談を行った。
中国

石平さん、まさか岸田首相は中国側の歴史観に歩み寄って中国の要求する「歴史への反省」を考えているのか

昨日の日中首脳電話会談、今日の人民日報によると、岸田首相は会談で、「日本側は中国側と共に、日中関係の歴史から啓示を汲み取りたい」と発言したという。「中国と共に歴史の啓示」とはどういう意味か。まさか岸田首相は中国側の歴史観に歩み寄って中国の要求する「歴史への反省」を考えているのか。
中国

石平さん、岸田政権としてはここで強気な態度に出られるかが対中政策の試金石になる

継続か、先祖返りか-。岸田文雄首相の外交路線が注目されている。
中国

習近平が不動産バブルとサプライチェーンの崩壊危機をあえて放置する「真の狙い」

すでに広く報道されている通り、中国で電力不足が深刻になっている。
中国

福島香織氏、中国が岸田新政権に「やってほしくない」こと

10月4日、岸田文雄内閣がスタートし、中国の習近平国家主席、李克強首相は岸田新首相に相次ぎ祝電を送った。
中国

長谷川幸洋氏、岸田新総裁 安全保障は大丈夫か? 求められるのは“毅然とした政治の判断力”

新しい自民党総裁が岸田文雄前政調会長に決まった。
中国

大原浩氏、これは習近平の経済自爆戦術か 行き着く先は巨大な北朝鮮

これは習近平の経済自爆戦術か、行き着く先は巨大な北朝鮮 中国恒大はきっかけに過ぎない? 9.23は越えたが1ヵ月後は? 共産主義中国の大手不動産会社である中国恒大の債務問題がここのところ世間を騒がしている。注目されていた9月23日の利払い...
中国

福島香織氏、住民にとってはたまらない!習近平の「信念」が起こした大停電

9月下旬、中国の東北3省の多くの都市で相次いで大規模な停電が発生した。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました