中国

スポンサーリンク
中国

長谷川幸洋氏、中国問題が「ポスト安倍」の最大の焦点

米軍と中国人民解放軍が南シナ海で同時に、軍事演習を展開した。
中国

福島香織氏、中国・習近平 「香港問題」に焦りまくっている「本当のワケ」

香港版国安法(香港国家安全維持法)が6月30日午後11時をもって施行された。
中国

河添恵子氏、中国 8年前の“コロナ死”隠蔽か 香港「国安法」に報復準備も

新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)や、香港への「国家安全維持法(国安法)」施行などめぐり、自由主義国と中国の緊張が高まるなか、英国メディアが「中国の政財官界工作」や「武漢研究所の闇」に迫る報道を連発している。
アメリカ

習近平の大失敗…香港併合の悪手で世界制覇の「最強カード」を失った

前々から不思議だった。中国は日本の「帝国主義」や「侵略」を徹底的に弾劾するのに、なぜ、英国との「阿片戦争」については一言も言わないのか?
中国

高橋洋一氏、「香港国家安全法」施行で何が起こる? 日本人も危険

中国が施行した「香港国家安全維持法」は、どのような危険性があるものなのか。そして日本人にも影響はあるのか。
中国

長谷川幸洋氏、習近平も青ざめる…中国の尖閣侵入に「日本のマジな怒り」を見せる方法

地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備停止を受けて、敵基地攻撃能力の保有をめぐる議論が起きている。
中国

福島香織氏、習政権を猛批判の言論人が着せられた売春容疑の汚名

体制内良心派知識人として、中国の体制に対して厳しい批判を繰り返していた中国の法学者、許章潤・清華大学教授が7月6日、警察に連行された。
アメリカ

島田洋一氏、トランプ政権 中国に情報分野などでの覇権を握らせない覚悟

トランプ政権は今後、WHO以外で実績を上げている保健団体やNGOとのネットワークを強化し、自前で途上国の疫病対策などに力を入れていくだろう。
中国

香港の挽歌 もう誰も共産党を止められないのか

今年の6月4日、香港のビクトリア公園にはほとんど人影がなかった。
アメリカ

島田洋一氏、『親中』を続ければ米国がはしごを外す可能性も

米国が超党派で中国への制裁強化に関する法案を準備しているなか、日本は自民党でさえまとまっていない。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました