アメリカ

スポンサーリンク
アメリカ

習近平の大失敗…香港併合の悪手で世界制覇の「最強カード」を失った

前々から不思議だった。中国は日本の「帝国主義」や「侵略」を徹底的に弾劾するのに、なぜ、英国との「阿片戦争」については一言も言わないのか?
アメリカ

鈴置高史氏、米中全面対決で朝鮮半島は「コップの中の嵐」に転落

米中が全面対決する。
アメリカ

島田洋一氏、トランプ政権 中国に情報分野などでの覇権を握らせない覚悟

トランプ政権は今後、WHO以外で実績を上げている保健団体やNGOとのネットワークを強化し、自前で途上国の疫病対策などに力を入れていくだろう。
アメリカ

古森義久氏、なぜ今? 米国で囁かれるバイデン氏の認知症疑惑

大統領選挙を4カ月後に控えた米国の政治舞台で、民主党候補と目されるジョセフ・バイデン前副大統領が認知症なのか否かという生々しい議論が熱を帯びてきた。
アメリカ

島田洋一氏、『親中』を続ければ米国がはしごを外す可能性も

米国が超党派で中国への制裁強化に関する法案を準備しているなか、日本は自民党でさえまとまっていない。
アメリカ

「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保有の圧縮も

米大統領選で野党・民主党の候補指名を確定させたバイデン前副大統領の支持率が、現職のトランプ氏を上回り続けている状況を受け、一部の投資家はバイデン氏が勝利する展開に備えつつある。
アメリカ

島田洋一氏、ボルトン回顧録に見る米朝関係

トランプ大統領再選に向けて活動している米保守派が、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)の回顧録を「裏切り」と強く批判するのはよく分かる。
アメリカ

ついに対中強硬姿勢一色に染まった米国

「トランプ政権下で、米国はようやく中国共産党の行為が脅威であることに目覚めました」
アメリカ

古森義久氏、ボルトン回顧録 日本に向けられた唯一の批判的記述

トランプ政権の国家安全保障担当補佐官だったジョン・ボルトン氏の回顧録が波紋を広げている。
アメリカ

大原浩氏、日本人にはわからない「米国暴動・現代の魔女狩り」の予感

1872年(明治5年)2月に初編(全17編)が発行された福沢諭吉の「学問のすゝめ」は、全編合わせて340万部とされる大ベストセラーである。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました