アメリカ

スポンサーリンク
アメリカ

感染源を米軍人だと言い出した中国の深謀遠慮

1月時点では新型コロナウイルスの感染者と死者の爆発的な増加で、発生源とみられる中国が世界の関心と批判の的であった。
アメリカ

大原浩氏、「コロナ戦争」の後にいよいよ始まる「本物の米中戦争」

トランプ氏は、3月18日の記者会見で、「自分は戦時の大統領だと思っている。戦争には打ち勝たなければならない」と「戦時」を強調した。
アメリカ

高橋洋一氏、トランプ大統領、再選の敵は「コロナ・ショック」

新型コロナウイルスの感染が拡大している米国で、100兆円規模の経済対策を検討していることが明らかになった。
アメリカ

加藤清隆氏、感染者数も死亡者も少ない 世界中が日本を羨ましがっていますよ

感染者数も死亡者も少ない、スーパーには物が溢れている。ほらみろ、日本の方が正しかっただろう。しかし国内で安倍政権のやることにこれでもか、と文句言っていた野党やマスコミの皆さん、さあ何か仰って下さい。世界中が日本を羨ましがっていますよ。
アメリカ

門田隆将氏、悲劇は習近平氏の隠蔽によって生じた事を決して忘れてはならない

武漢肺炎の感染拡大に「もっと早く知っていれば中国の発生地の1か所で封じ込める事が可能だったかもしれない」とトランプ氏。そこが本質。世界中でパンデミックを起こし、人命と経済に計り知れない損失を与えた悲劇は習近平氏の隠蔽によって生じた事を決して忘れてはならない。
アメリカ

長谷川幸洋氏、コロナで激化「米中メディア戦争」のヤバい結末

世界に拡散した新型コロナウイルス惨事の裏側で、米国と中国の「新たな戦争」が勃発している。
アメリカ

高橋洋一氏、米と「ケタ違い」だった日銀緩和 

米連邦準備制度理事会(FRB)は15日、ゼロ金利復帰と7000億ドル(約75兆円)規模の量的緩和を決めた。
アメリカ

福島香織氏、中国が「犯人は米国」勃発した新型コロナ情報戦

新型コロナ肺炎が世界に広がっていることを受けて中国当局は「ウイルスと全人類の戦い」と喧伝しているが、実際のところは、次なる国際秩序、世界の枠組みの再構築をめぐる「米中戦争」の色合いが濃くなってきている。
アメリカ

古森義久氏、断固たる措置と中国徹底批判 日本とは大違いの米国

世界が一夜にして変わった――こんな表現が決して誇張ではないほどアメリカの首都ワシントンの空気は激変してしまった。
アメリカ

東京五輪「延期」をG7容認!? 安倍首相、事実上の“内諾”得たか

中国発の新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)を受け、東京五輪(=開会式7月24日)が「延期」される可能性がさらに高まった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました