スポンサーリンク
アメリカ

世界史上最も成功した日米同盟を襲う危機

1月19日、日米安保条約が改定されて60年を迎えた。
中国

石平さん、習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

1月25日、中国共産党政治局常務委員会は新型肺炎に関する対策会議を開いた。
中国

門田隆将氏、あの中国が感染力が弱くて都市封鎖をするか

政府の危機感も朝日と同じ。「SARSやMERSよりも感染力が弱いとみられる」との厚労省は国内の感染確認3人の国籍や交通経路等を一切明らかにしない。個人情報の保護が重要で、公表情報は他人に感染させ得る時期の行動歴等に留めるとの事。あの中国が感染力が弱くて都市封鎖をするか。感覚が狂っている。
政治

百田尚樹さん、今回の日本政府の対応は、まったくダメ!

今回の日本政府の対応は、まったくダメ! 安倍政権の危機管理能力はゼロに近いことが露呈した。 もちろん野党もメディアもだ。 日本は下手すると、終わる…
中国

日本では国賓、米国では「人権弾圧責任者」の習近平

2020年1月、米国の首都ワシントンで、中国の人権弾圧を調査し非難する報告が相次いで3件発表された。
アメリカ

米国内で凋落する“韓国人観”…従軍慰安婦像もさして話題にならず

米国人の韓国人観を形成する重要な要因は、170万人という在米韓国人との接点だ。
中国

門田隆将氏、国民の命を守るという“国家の基本”を閣僚全員で学び直せ

1985年のイランからの邦人脱出をトルコ航空に頼った日本。これを嘆いた当時の安倍晋太郎外相の強い意向で、日本にもやっと政府専用機ができた。息子の安倍首相よ。今これを使わずして「いつ」使うのか。武漢で助けを待つ邦人を見捨てるのか。国民の命を守るという“国家の基本”を閣僚全員で学び直せ。
中国

石平さん、こんなことを平気で書く朝日新聞、頭も心も腐りきっているのだ!

朝日新聞のこの書き方を読んで、強い憤りを感じた。手を洗って何とかできるなら、武漢一千万人の市民が封鎖されることはないのではないか。こんなことを平気で書く朝日新聞、頭も心も腐りきっているのだ!
政治

百田尚樹さん、私は中国政府の発表する数字は信用していない

私のツイートが必要以上の煽りに聞こえるのか。 私は中国政府の発表する数字は信用していない。なぜなら、もしそんな数字なら、都市を封鎖したり、海外旅行を禁止したりするはずがないからだ。 現地は恐ろしい深刻さというのは想像できる。 それとも、君は正確なことを知っているのか!なら教えろよ。
政治

長谷川幸洋氏、左派野党やマスコミの「中東派遣反対論」から見えた本音

米軍がイランの革命防衛隊司令官を殺害し、緊張が高まるなか、海上自衛隊のP3C哨戒機2機が中東に向け出発した。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました