スポンサーリンク
adsense002

領収書不備と文春報道 岸田首相、昨年衆院選で

領収書不備と文春報道 岸田首相、昨年衆院選で

岸田文雄首相が昨年10月の衆院選で広島県選挙管理委員会に提出した「選挙運動費用収支報告書」に添付した領収書94枚に宛名もただし書きもなかったと、文春オンラインが22日報じた。記事は、公選法に違反している疑いがあるとしている。

記事によると、情報公開請求で県選管に提出された約270枚の領収書などを入手した。ただし書きが空白の領収書は98枚、計約106万円分、宛名が空白だったのは141枚、計約58万円分で、宛名もただし書きも空白はこのうち94枚、計約9万5千円分あった。

領収書不備と文春報道 岸田首相、昨年衆院選で
岸田文雄首相が昨年10月の衆院選で広島県選挙管理委員会に提出した「選挙運動費用収支報告書」に添付した領収書94枚に宛名もただし書きもなかったと、文春オンライン…

いよいよである。

辞任ドミノの先に自らの疑惑が出てきた。

スポンサーリンク

疑惑のタイミングがあまりにも良すぎるとする人もいる。

文春が始めから狙っていたのではないかとする説である。

いずれにせよ現在の状況では国会運営が厳しくなるのではないか。

国会の会期延長は既定路線だが、それでも足りないことになるだろう。

解散という声が実際に聞こえてきた。

果たしてそれだけの決断を岸田が出来るか。

年末岸田政権はどうなっているだろう。

タイトルとURLをコピーしました