スポンサーリンク
adsense002

福島香織氏、中国で囁かれる 常軌を逸したゼロコロナ政策が終わらない本当の理由

中国で囁かれる、常軌を逸したゼロコロナ政策が終わらない本当の理由

ゼロコロナは「インビジブル文革」?党大会に向けた事実上の戒厳令か

中国の貴州省三都県で、ゼロコロナ政策のために隔離施設に移送される市民47人を乗せた「防疫バス」が深夜谷底に転落、27人が死亡し20人が負傷する大事故が起きた。ネット上では、この事故に人災だと怒りをぶつける声であふれた。

なぜこのような事故が起きたかと言うと、現在中国では全国各地で部分的ロックダウンと「静態管理」と呼ばれるゼロコロナ政策が展開されており、それに伴う市民の強制隔離が夜中に闇に紛れて行われるケースが多いからだ。

運転手も乗員も白いガサガサした動きにくい防護服を着せられて、何時間もバスを走らせて、遠方の山奥に陽性者や感染の可能性がある市民を隔離する。運転手は息苦しくて視野の狭い防護服を着たまま、街灯もない山道を猛スピードで運転するし、乗客の市民も防護服で息苦しい。バスは満員で子供も老人も妊婦もいるわけだし、どこに連れていかれるかわからないから、車内は不安と怒りで怒号や悲鳴があふれる。運転手も焦るだろうし、事故は起こるべくして起きたといえる。

ネットでこの隔離バス(事故を起こしていない車両)の中の様子の動画が流れているが、市民が「バスから降ろせ」とものすごい剣幕で騒いでいる。市民が悪いのではない。いきなり夜中に強制隔離され、トイレ休憩もなく、何時間もバスでどこか知らないところに連れていかれようとすれば、私でも騒ぐだろう。

事故を起こしたバスは、貴陽市から黔南州茘波県の隔離ホテルに向かうため、9月18日午前零時に出発した。事故は午前2時40分ごろだという。貴陽から東南へ約170キロの地点で、山中の高速道路から谷に転がり落ちたそうだ。20人が病院に搬送されて治療を受けているという。おそらくすぐには救助も来なかっただろう。

ちなみに隔離された市民は陽性者ではない。地域に1人、濃厚接触者が出た、ということでコミュニティの住民全員の隔離措置をとったのだ。貴陽の人間をわざわざ黔南州まで連れて行くのは、おそらく強制収容者が多すぎて貴陽の施設がいっぱいだったからか。(引用ここまで)

中国で囁かれる、常軌を逸したゼロコロナ政策が終わらない本当の理由 ゼロコロナは「インビジブル文革」?党大会に向けた事実上の戒厳令か | JBpress (ジェイビープレス)
 中国の貴州省三都県で、ゼロコロナ政策のために隔離施設に移送される市民47人を乗せた「防疫バス」が深夜谷底に転落、27人が死亡し20人が負傷する大事故が起きた。ネット上では、この事故(1/6)

中国では人の命は軽い。

もうこのことは政府が倒れても変わらないだろう。

スポンサーリンク

こんなに人の命が軽いのにその政府のやり方に賛同する人々がいる。

ハニトラとかマネトラとか、あるいは単にアホなのか、それとも狂っているのか。

可哀想なのはその下についている人たちである。

行政のトップがおかしいと酷いことになる。

ゼロコロナ政策がどういう意図があるのかはわからない。

だがどちらにしてもどんどん人が死んでいくのは事実だ。

ロシアといい中国といい、このしっぺ返しがどう襲いかかってくるのか興味深い。

福島香織氏、大富豪が「私財を投じて国土を守る!」 リアルに高まる台湾の危機意識

福島香織氏、習近平と李克強の戦いはずるずる続くのか? どうなる秋の中国共産党大会

福島香織氏、大物逮捕で明るみに 「一帯一路」の裏でうごめくチャイニーズマフィア

福島香織氏、「北戴河会議」で習近平が炎上? 李克強とのパワーバランスの行方

福島香織氏、習近平の面目丸つぶれ ペロシ訪台は第4次台湾危機の始まりなのか?

福島香織氏、米中軍事衝突の引き金に? どうなるペロシ米下院議長の台湾訪問

福島香織氏、習近平が終身権力者になる前触れ? 中国メディアが使い始めたある尊称

福島香織氏、習近平が「大迷走」…! 中国「不動産大崩壊」で、いま現場で起きている「ヤバすぎる現実」

福島香織氏、人気女優が嘆く北京でホームレス急増の惨状 それでも習近平支持の役人は誰?

福島香織氏、激化する中国共産党の権力闘争 習近平派官僚たちを次々に襲う「不幸」

タイトルとURLをコピーしました