スポンサーリンク
adsense002

元首相が選挙演説中に撃たれて亡くなったのにまだ追悼演説できない日本の国会の情けなさ

元首相が選挙演説中に撃たれて亡くなったのにまだ追悼演説できない日本の国会の情けなさ

平井文夫

米国や豪州ではとっくにやってるのに

米国議会上院は7/20に「世界の繁栄と安全に消えることのない足跡を残した」と、故安倍晋三元首相の功績を讃える決議を採択した。またオーストラリアの連邦議会では7/26にアルバニージー首相が安倍氏への追悼演説を行った。しかし日本では今日(8/3)から開かれている臨時国会で行われるはずだった追悼演説が9月以降に延期された。なぜ今できないのか。

自民党の高木毅国対委員長によると延期の理由は「(国会が)静謐な状態でない」からだという。史上最長の8年8カ月間首相をやった人が選挙演説中に撃たれて亡くなったというのに、この国の議会は大騒ぎばかりして静かに追悼演説をすることができないのか。これは与党も野党も悪い。

まず与党。当初は8/5に追悼演説をセットし、甘利明前幹事長の名が挙がった。遺族の意向とされる。だが甘利氏がブログに安倍派の後継者について「誰一人、現状では全体を仕切るだけの力もカリスマ性もない」と書き、これに対し安倍派の例会で衛藤征四郎元衆院副議長が「極めて失礼だ」と応酬。人が亡くなっているのに仲間内でケンカしていてはダメだ。

「立憲議員が追悼演説」はアリなのか?

野党も同じようにダメだった。立憲などは安倍氏の国葬に関して国会で審議しなければ追悼演説には応じられないと反発、さらに甘利氏について立憲の西村智奈美幹事長は「政治とカネをめぐる問題のある甘利氏」「通常で言えば立憲から演説者が出たのではないか」と批判した。

西村氏は立憲の議員が追悼「できる」と本当に思っているのだろうか。自民の平将明衆院議員はTwitterに「アベ政治を許さないって言ってた人たちに追悼演説頼まないよね。普通」と投稿した。平氏は安倍政権時代、石破派に籍を置いていたので別に安倍シンパではないが、おそらくこれがほとんどの自民議員の本音だろう。

自民としては仲間内でもめているし、強行しても野党が出てこないかもしれないと心配して8/5の演説を取り下げた。臨時国会後に国葬に関しての閉会中審査も行い、追悼演説は秋に先送りとなった。では誰がやるのか。(引用ここまで)

元首相が選挙演説中に撃たれて亡くなったのにまだ追悼演説できない日本の国会の情けなさ フジテレビ上席解説委員 平井文夫
米国議会上院は7/20に「世界の繁栄と安全に消えることのない足跡を残した」と、故安倍晋三元首相の功績を讃える決議を採択した。またオーストラリアの連邦議会では7/26にアルバニージー首相が安倍氏への追悼演説を行った。しかし日本では今日(8/3)から開かれている臨時国会で行われるはずだった追悼演説が9月以降に延期された。な...

平井氏は菅氏が相応しいと考えている。

確かに安倍氏の追悼演説ができる人は与野党に誰もいない。

スポンサーリンク

立憲民主党などもはや吹けば飛んでいく政党だ。

任された方もたまったものではあるまい。

そういう点から考えると菅氏ぐらいしかいないのだ。

これは長期政権の弊害でもあった。

総理大臣といえば安倍さん、というイメージが強すぎる。

若い人は尚更であろう。

誰がやるにしても国葬にふさわしい人を選んでもらいたいものだ。

タイトルとURLをコピーしました