スポンサーリンク
adsense002

「私設ファンクラブ」がまるで大統領夫人の広報担当、韓国大統領府の異常事態

「私設ファンクラブ」がまるで大統領夫人の広報担当、韓国大統領府の異常事態

嫌でも目立つ金建希夫人、「公私混同批判」も飛び出し再び批判の矢面に

李正宣

尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領就任から1カ月半、ファーストレディーの金建希(キム・ゴンヒ)夫人の行動が保守支持層の悩みの種になっている。

昨年12月、「妻の役割だけに専念する」と宣言していた建希夫人が最近になって開始した対外活動が、メディアから注目され、国民の非難に直面しているのだ。保守層の心配は的中した。最近では尹錫悦政権の支持率が下落傾向にあるが、これも「建希夫人の問題が影響を及ぼしている」との分析も出ている。

煌びやかなキャリアの陰に経歴を巡るスキャンダル

金建希夫人は、韓国初の「キャリアウーマン出身」のファーストレディーだ。韓国国民大学校で博士号を取得した後、複数の大学で教鞭をとった。さらに2007年には文化芸術展示企画会社の「コバナコンテンツ」を設立して、いくつもの美術展を開催し業界にその名を馳せた。中でも、先月訪韓したバイデン米大統領も話題に取り上げた2015年の「マーク・ロスコ特別展」は、作品にかけられた保険金だけで2兆ウォンを超える大型展示会で、25万人の観覧客を動員し、その年最高の展示会と評されたほどだ。

建希夫人の容貌も、世の注目を浴びる大きな特徴だ。170センチという長身でスリムなスタイル、はっきりとした目鼻立ちを備えた外見は、歴代韓国のファーストレディーの中でも際立っていると言っていい。また、現在48歳で、朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領夫人の陸英洙(ユク・ヨンス)氏を除けば、歴代で最も若いファーストレディーでもある。若く美しい容姿のため、韓国のファーストレディーとしては初めて「セレブ」としての影響力を備えているという評価もある。

ところが、この若く魅力的な大統領夫人は、大統領選挙中に国民の前で、「ファーストレディーとしての地位を諦める」と約束していた。自身をめぐる疑惑が、夫・尹錫悦氏の当選に悪影響を及ぼすという判断のためだった。(引用ここまで)

「私設ファンクラブ」がまるで大統領夫人の広報担当、韓国大統領府の異常事態 嫌でも目立つ金建希夫人、「公私混同批判」も飛び出し再び批判の矢面に | JBpress (ジェイビープレス)
 尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領就任から1カ月半、ファーストレディーの金建希(キム・ゴンヒ)夫人の行動が保守支持層の悩みの種になっている。 昨年12月、「妻の役割だけに専念する」と(1/4)

韓国である。

アホみたいな記事だ。

スポンサーリンク

大統領の夫人が美しかった。

この時点で日本人の99%までが「整形か」と思ったことだろう。

で、その夫人の活動が賛否両論だという。

知らねえよ。

ファーストレディはこういう活動にいちいち文句が付くのも仕事の一部としてやっていかざるをえないのだ。

大統領夫人が綺麗だからといって騒いでること自体が幼稚である。

そして大統領の支持率低下に利用されるとなると、最早何をか言わんやといったところだ。

タイトルとURLをコピーしました