スポンサーリンク
adsense002

石平さん、中国の『非戦争軍事行動』要綱制定は斬首作戦による台湾併合の決意

中国の『非戦争軍事行動』要綱制定は斬首作戦による台湾併合の決意

ロシアの失敗に学んだ結果、より強硬に

何のための非戦争軍事行動

6月13日の晩、中国中央テレビ・新華社通信はほぼ同時に1つ重要ニュースを伝えた。習近平中央軍事委員会主席は「軍隊非戦争軍事行動要綱(試行)」という公式文章に署名し、「要綱」はこれを持って6月15日から施行される、ということである。

翌日の14日の人民日報も1面トップでそれを報じたが、今のところ、「要綱」の詳細は一切公表されていない。その一方、新華社・人民日報記事は「要綱」の「重要意義」について次のように述べている。

「(要綱の施行は)リスクと課題を効果的に予防・解決し、突発事件に対応して処置し、国民の生命財産安全を守り、国家主権、安全、発展利益を維持し、軍事力運用の形を創新し、軍隊の非戦争軍事行動にルールを課し、効果的に新時代の軍隊の使命、任務を履行させることに重要な意義をもつ。」と。

これを読むと、「要綱」は対内的には国内の「突発事件」への対処と、対外的には「国家の主権・安全」の保全・維持を目的とするものであると分かる。その際、国内において大規模な自然災害や騒動・暴動などが発生した場合、解放軍は「要綱」に基づいて出動し、それこそ「非戦争軍事行動」として災害救助や暴動鎮圧を行うようなことは当然想定されているし、解放軍が今まで実際にやってきたことでもある。

問題は、「国家の主権・安全」を守るために、解放軍の展開する「非戦争軍事行動」とは一体何か、ということである。普通、一国の軍隊が国家の主権と安全を守るために出動して展開するのはまさに戦争行為そのものであって、それをあえて「非戦争軍事行動」とは呼ばない。そう考えると、習主席が今のタイミングで署名して施行させた前述の「要綱」では、中国軍が対外的に展開する「非戦争軍事行動」とは一体何を指すのかはまず問題なのである。(引用ここまで)

中国の『非戦争軍事行動』要綱制定は斬首作戦による台湾併合の決意(石 平) @gendai_biz
中国共産党・習近平政権は、6月13日、「非戦争軍事行動要綱」を制定した。西側各国は、これはロシアの「特別軍事行動」をまねて戦争行為を倒壊しようとするもの、という論評に終始しているが、その正反対ではないか。ウクライナ侵攻失敗の教訓を元に、一気に「斬首作戦」で行うように、台湾併合の計画を改訂した可能性が高い。

中国である。

読んでいただけるとわかると思うが、習近平によるなんとも自分勝手な「要綱」である。

スポンサーリンク

まあ中国の場合はいつもそうである。

やはり中国人というのはいつの時代も外から自分たちを見るという視点がないらしい。

だから好きなように振る舞ってしまう。

その結果滅びるわけだが。

今回もそういう感想しか出てこない。

身の程を知らず外に出てきて叩かれて滅ぶ。

中国共産党も歴代の王朝とまるで同じである。

石平さん、橋下徹が便所という汚い言葉を使って月刊HANADAを攻撃していることに驚いた

石平さん、NHK党中国人公認問題で「日本の政界に中共の浸透工作はどれほど進んでいるのか 日本国民は最大の危機感を持つべきだ!」

石平さん、あれれ、習近平腰砕け--「台湾有事に武力関与」のバイデン衝撃発言への反応

石平さん、林外相に「どれほど、ご立派な外務大臣であろう! 」

石平さん、ついに飛び出す怪情報「習近平退陣」 そのウラで「反習近平勢力」が結集か

石平さん、習近平の「ゼロコロナ」への固執が招いた上海ロックダウン地獄絵図

石平さん、鳩山由紀夫「誰かが米国の首に鈴をつけなければ」に「この人はどこまで大馬鹿なのか」

石平さん、負け馬プーチンから距離をとれ-報道表記でロシアを格下げする中国

石平さん、アメリカは台湾を「第2のウクライナにしてはならない」という危機感を持っている 米国の支援はこれで終わることはない

石平さん、もはや“アリ地獄”…「ゼロコロナ政策」に固執する習近平の思考回路

タイトルとURLをコピーしました