スポンサーリンク
adsense002

韓国国民が北朝鮮軍に銃殺・焼却された事件、文在寅政権は真実を隠蔽したのか

韓国国民が北朝鮮軍に銃殺・焼却された事件、文在寅政権は真実を隠蔽したのか

政権を降りた途端、過去の「疑惑」が次々と俎上に載せられて窮地に

今から1年9カ月前、2020年9月に発生した、南北間の海上境界線(NLL)付近で発生した「北朝鮮軍による韓国公務員殺害事件」を覚えているだろうか。この問題が今、韓国政界の最大争点に浮上している。

(参考:2020年9月25日公開記事)文在寅、自国民を銃殺・焼却されても北朝鮮に甘い顔
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62250

事件発生当時、殺害された公務員を「越北者」と判断した海洋警察が最近、「越北者と判断できる証拠がない」として意見を覆したためだ。加えて、当時、朝鮮戦争の「終戦宣言」に躍起になっていた当時の文在寅(ムン・ジェイン)大統領府が、国防部と海洋警察の判断に圧力を加えたという証言が続々と出ている。

殺された韓国国民が自主的に北朝鮮に向かった「越北者」か、あるいは不慮の事故による「漂流者」なのかによって、この事件の意味はまるで違ってくる。だからこそ与党「国民の力」は「徹底した真相調査と関係者厳罰」を要求しているのだが、野党の「共に民主党」では「尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権の企画事件」と反発している。

自国民が北朝鮮軍に殺害されながら、国家安全保障会議に参加しなかった大統領

まず2020年9月に起きたこの事件を、改めて振り返ってみよう。

9月22日午後3時30分頃、NLL付近の海上で業務遂行中に失踪した海洋水産部所属の公務員A氏の行方を捜索していた韓国軍は、北朝鮮側の海上でA氏が発見されたという情報をつかみ、午後6時36分、文在寅大統領に書面で初めて事件を報告する。

同日午後9時頃、韓国軍は北朝鮮上部からA氏に対する銃撃指示が下されたことを把握。9時40分から約30分にかけて北朝鮮軍がA氏を銃殺し、遺体を焼却した事実も確認した。

午後11時には大統領府と国防部の緊急会議が招集され、23日午前1時から国家安全保障会議(NSC)が招集されたが、文在寅大統領は出席しなかった。同じ時間、テレビでは、文大統領が国連総会で南北終戦宣言への支持を訴える演説(録画映像)が韓国全土に放送されていた。(引用ここまで)

韓国国民が北朝鮮軍に銃殺・焼却された事件、文在寅政権は真実を隠蔽したのか 政権を降りた途端、過去の「疑惑」が次々と俎上に載せられて窮地に | JBpress (ジェイビープレス)
 今から1年9カ月前、2020年9月に発生した、南北間の海上境界線(NLL)付近で発生した「北朝鮮軍による韓国公務員殺害事件」を覚えているだろうか。この問題が今、韓国政界の最大争点に(1/6)

韓国である。

北朝鮮マターである。

スポンサーリンク

文在寅が北朝鮮に心酔していることは誰の目にも明らかだ。

彼が北朝鮮に有利な動きを度々見せていたことも皆承知のことだ。

だが結局彼は任期を全うしてしまった。

韓国にも北朝鮮シンパがかなりの数いるのである。

新大統領が強権を振るって文在寅を逮捕すれば一騒動起こるだろう。

それは誰にとって一番有利なのか。

全くもって扱いに困る民族だ。

タイトルとURLをコピーしました