スポンサーリンク
adsense002

青ざめる独裁者たち 習近平降ろしがついに始まった

青ざめる独裁者たち 習近平降ろしがついに始まった【矢板明夫:WiLL HEADLINE】

中国で今年秋、5年に1度の共産党大会が開かれる。習近平総書記は党大会で3期目の任期に突入し、毛沢東以来の長期政権を目指す予定だが、最近になって雲行きが怪しくなった。

中国の官製メディアである人民日報や新華社通信などで、習氏の個人を持ち上げる記事が激減する一方、習氏のライバルで、来年春に首相を退任する李克強氏の経済政策に関する長文談話を大きく宣伝するなど、風向きの変化が見られた。

人事面でも、習派といわれる人物は次々と重要ポストから外されることになった。最も象徴的な出来事は、南部、広西スワン族自治区の共産党委員会は4月に「習近平思想」と称する小冊子に市民に配ったが、5月になってからすべてが回収された。

小冊子の配布は広西スワン族自治区のトップ劉寧氏が主導した。劉氏は習近平氏の側近、陳希・共産党組織部長(幹事長に相当)に抜擢された幹部で、党大会を前に、習氏の擁護運動を盛り上げようとしたが、追随するほかの省はなく、党内の反発は想像していたより大きかったという。

「『習近平思想』の小冊子は文化大革命中に配られた『毛沢東語録』を連想させ、『個人崇拝』につながる行為だ」といった批判が殺到し、党の規律検査委員会から劉氏にストップがかかり、わずか1カ月で回収することになった。習派にとって大きな挫折といえる。

北京在住の元共産党幹部によれば、習指導部は最近、ウクライナ戦争、コロナ対策という2つの問題での対応が、党内からの不満を募らせている。「習氏とその周辺を批判する声が大きくなっている」と話す。
ウクライナ戦争に関しては、習氏は開戦前の2月4日、ロシアのプーチン大統領と会談し、ロシア支持を全面的に打ち出す「中露共同声明」を発表した。ロシアによるウクライナ侵攻が始まった後も、ロシアに対する経済制裁に参加せず、欧米など国際社会との違いを浮き彫りにさせた。習氏が主導する親露路線は中国の孤立を招き、中国の対外貿易に負の影響を与えるほか、国際社会から制裁対象になりかねないリスクがある。最近、中国に友好的だった韓国や、シンガポールなども米国に接近し始めている。

3月、党長老の朱鎔基元首相によるとされる「習氏の外交姿勢を批判する手記」がインターネットに出回った。真偽は不明だが、党内の改革派の意見を代表しており、影響を広げている。

一方、コロナ対策に関しては、最近、欧米や日本など国際社会は、新型コロナの消滅は不可能だという前提で、ワクチン開発・接種、治療薬の開発によって、ウイルスと共存・共生しながら社会を正常化していく方針に転換している。しかし、習近平指導部だけが「ゼロコロナ」の政策に固執し、上海など複数の都市で長期間にわたってロックダウン(都市封鎖)を実施、市民生活と経済に大きな負の影響を及ぼしている。(引用ここまで)

青ざめる独裁者たち 習近平降ろしがついに始まった【矢板明夫:WiLL HEADLINE】
盤石と思われていた習近平の総書記の「3期目」だが、ここに来てその雲行きが怪しくなってきた。その大きな要因がウクライナ問題とコロナ対策の2つだ。果たして習近平の置かれた現状は?(月刊『WiLL』2022年7月号初出)

結局のところ習近平体制はまだまだ続きそうだ。

そしてそれは中国を巡る状況を周辺国にとって良いものにするだろう。

スポンサーリンク

ゼロ・コロナに習近平が囚われているのは不思議だった。

まず中国で抑え込めるはずがない。

自国のワクチンさえ信用できない有様なのだ。

どれだけ市民を犠牲にしても状況が好転するはずがないのだ。

長い目で見るといずれ中国は台湾に侵攻する。

当然中国は負ける。

中国・ロシアという独裁国が21世紀中に倒れるとすれば良しと言えるのではないか。

タイトルとURLをコピーしました