スポンサーリンク
adsense002

武藤正敏氏、文在寅が「戦犯」…韓国経済の「複合不況」がとんでもないことになってきた!

文在寅が「戦犯」…韓国経済の「複合不況」がとんでもないことになってきた!

尹大統領の「ネック」にもなる

韓国経済が「大変なこと」になっていた

韓国の尹錫悦大統領は6月1日の地方選挙の大勝利にも浮かれてはいなかった。

物価統計が発表された6日、尹錫悦氏は「(韓国は)経済危機の台風圏に入っている」と危機感をあらわにした。尹大統領は、地方選挙勝利は論評せず、経済危機の克服に全力を傾ける意思を強調したわけだ。

尹錫悦政権の支持率は、就任以来上昇してきた。しかし、上昇要因となった米韓首脳会談や統一地方選挙が終わり、これからは尹錫悦氏の国内政治の実績が問われることになる。その中で一番大きいのは韓国経済や国民生活の動向である。

李明博大統領時代、リーマンショックが起きた時、韓国はすべてのOECD諸国に先駆けて経済を回復させた。その言動力となったのが財閥系輸出企業の競争力である。しかし、現在の韓国経済は、文在寅前大統領が反財閥・親労組的体質に変えてしまったため、逆風への抵抗力がなくなっている。

尹錫悦大統領は、大統領選挙中から経済は民間・市場主導に変えていくと語っていたが、6月16日、民間の主要経済団体を集めた会議では、そうしなければ複合危機を乗り越えるのは難しいと述べ、物価の安定に総力をあげること、規制の解除を進めていくこと、法人税を引き下げることを明らかにした。

これは、市場経済への介入、最低賃金の急激な引き上げ、非正規職の正規職への転換、脱原発、労働組合活動への支援を重視した文在寅政権の経済政策とは180度異なるものである。尹錫悦政権は、韓国経済を再び軌道に乗せるため、文在寅体質からの脱皮を最優先課題としている。(引用ここまで)

文在寅が「戦犯」…韓国経済の「複合不況」がとんでもないことになってきた!(武藤 正敏) @moneygendai
現在の韓国経済は、文在寅前大統領が韓国経済を反財閥・親労組的体質に変えてしまったため、逆風への抵抗力がなくなっている。文在寅政権は経済の実態を見ず、自画自賛で経済の悪化を見逃すとともに国民から自らの経済失政を隠蔽してきた。

韓国である。

そろそろ本当にヤバいことになりそうだ。

スポンサーリンク

日本ではマスコミが韓国の良い面ばかりを伝えようと必死だが、日本以外では韓国の経済がシャレにならないことは周知の事実である。

外資の撤退も後を絶たないそうだ。

韓国のマクドナルドが身売りになるらしい。

ロシアのマクドナルドが撤退し、ロシア企業の物に変わったが、韓国ではそこまでのことは出来まい。

文在寅一人のせいにするのも良いが、要は韓国人全員が招いたことである。

またIMFが登場するのか。

日本は韓国を助けるなど真っ平御免なのだが。

武藤正敏氏、韓国・文在寅の「あわれな末路」… 自宅まわりで「拡声器」「デモ」「非難殺到」でも“自業自得”なワケ

武藤正敏氏、米韓首脳会談の「すごい全舞台裏」…予定を30分オーバー 「本当に話されたこと」を全公開!

武藤正敏氏、日本海に打ち込まれる北朝鮮のミサイル 開発を支えたのは韓国の人道支援資金

武藤正敏氏、金正恩「建国以来の大動乱だ」…コロナ爆発「北朝鮮」で起きているヤバすぎる現実

武藤正敏氏、日韓関係より国内の分断統合が最優先の尹錫悦 最大の障害は「民主党の妨害」

武藤正敏氏、文在寅は「無能だった」と…韓国大統領を退任した「文在寅」を待ち受ける「悲しい末路」–>

武藤正敏氏、岸田総理 韓国次期大統領の就任式「不参加」の判断は大正解

武藤正敏氏、「文在寅政権の人々が死ぬことに」文在寅が生き残りをかけた「トンデモ法案」で大騒動が勃発中!

武藤正敏氏、見えてきた韓国の次期政権構想 文在寅路線との「決別」を示す尹錫悦人事

タイトルとURLをコピーしました