スポンサーリンク
adsense002

長谷川幸洋氏、米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 「憲法改正」は不可欠

米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠

ジョー・バイデン米大統領は就任後初の日本訪問で、軍事的覇権拡大を進める中国共産党政権に対峙(たいじ)するため、日米同盟の強化を打ち出した。台湾有事では「軍事的に関与する」とも発言した。岸田文雄首相は26日の衆院予算委員会で、「閣僚レベルを含め一層緊密に意思疎通を図る。『核抑止』に対する信頼維持の努力を続ける」と語ったが、国民の生命と財産を守り切るには、「国民の意識改革」と「防衛費増や憲法改正」は不可欠だ。ジャーナリストの長谷川幸洋氏は、「現地軍が防衛戦争を戦い、米軍は後方支援に徹する」という、米国が構築した「新しい戦争のかたち」に迫った。

バイデン大統領が来日し、岸田首相との日米首脳会談や、オーストラリアとインドを加えた4カ国による戦略的枠組み「QUAD(クアッド)」首脳会合など一連の外交日程を終え、帰国した。

ハイライトは首脳会談や会合よりも、日米首脳会談後の共同記者会見での「軍事介入」発言だった。この発言に、バイデン政権の対中姿勢が凝縮されている。一言で言えば、「中国の暴発を何としても抑止する」。その決意をみなぎらせたのだ。

バイデン氏は、記者の質問に答えるかたちで、中国が台湾に侵攻すれば「軍事介入する。それがわれわれの約束だ」と述べた。ただし、これが直ちに「米軍の派遣」を意味するか、といえば、そうとは言えない。

ホワイトハウスは記者団に、「われわれの政策は変わっていない。自衛のために軍事手段を提供する台湾関係法の約束を繰り返しただけだ」と背景を説明した。軍事物資の提供だけでも、軍事介入である。(引用ここまで)

【ニュースの核心】米が構築「新しい戦争のかたち」 武器弾薬を提供し実際に戦うのは現地軍 台湾防衛「あいまい戦略」修正も中国抑止へ「憲法改正」は不可欠(1/3ページ)
 ジョー・バイデン米大統領は就任後初の日本訪問で、軍事的覇権拡大を進める中国共産党政権に対峙(たいじ)するため、日米同盟の強化を打ち出した。台湾有事では「軍事…

長谷川氏は非常に奇妙な論の立て方をする。

頭が悪いのか。

スポンサーリンク

もちろん結論は同じである。

憲法改正は不可欠だ。

軍事費の大幅増額もしかり。

だが台湾防衛が論拠となって憲法改正を訴えるには前提が後2つ3つ必要である。

何より在日米軍をどうするつもりなのか全く触れられていない。

おそらくそこに触れると話がややこしくなりすぎると思ったのではないか。

台湾防衛にしても尖閣防衛にしても、まず在日米軍と自衛隊の共同作戦をきっちりと練ることから始まると思っているのだが。

長谷川幸洋氏、バイデンの“勇み足”で判明 もうアメリカは中国と「直接対決」する気がなさそうだ

長谷川幸洋氏、「対中前線基地化」要求か バイデン大統領が日韓歴訪 親中派・林外相の「二股路線」に釘

長谷川幸洋氏、ここにきてアメリカ政府と米軍が「UFOの調査」に本腰を入れ始めた事情

長谷川幸洋氏、中国・北朝鮮〝対露密約〟の不穏な動き 日米を威嚇、軍事演習で苦戦のロシア「側面支援」か

長谷川幸洋氏、ウクライナ侵攻で判明した 「野党の安保政策」の絶望的な「薄っぺらさ」

長谷川幸洋氏、戦闘継続見込みなし ロシアの敗北「決定的」か〝最大の不確定要素〟中国の目に見えない軍事支援に警戒

長谷川幸洋氏、プーチンが「核兵器」を使用すると 中国・習近平まで“共倒れ”になりかねない理由

激論! 日本は「核武装」すべきなのか…眼前にある「究極の論争」

長谷川幸洋氏、ロシア壊滅へ米欧40カ国〝戦略大転換〟 日本は戦後世界の中核メンバーに乗り遅れるな

長谷川幸洋氏、プーチン体制ついに「終了」か…とうとう米国が「ロシア打倒」に本気を出した!

タイトルとURLをコピーしました