スポンサーリンク
adsense002

【橋下徹研究⑥】音喜多議員に告ぐ――無理な擁護は怪我のもと

【橋下徹研究⑥】音喜多議員に告ぐ――無理な擁護は怪我のもと|山口敬之【永田町インサイド WEB第6回】

「陰謀論」と決め付け、橋下徹を擁護

日本維新の会の国会議員が、上海電力の大阪市のメガソーラー事業に関する参入問題について、橋下徹前大阪市長を擁護する発言をし始めた。

私はてっきり、日本維新の会と橋下氏は現在は基本的には関係がないと認識していた。だから上海電力の咲洲メガソーラーへの不透明な参入経緯などについて、橋下氏を名指しで批判する一方、「維新」には一切触れて来なかった。今のところすべての疑惑が市長時代の橋下氏に収斂されていたからだ。

ところが、この問題について音喜多駿氏や足立康史氏といった日本維新の会所属の国会議員が、橋下市長(当時)には責任も問題もないと主張し、音喜多氏に至っては私の主張を「陰謀論」と決め付けた。

事実を示して問題点を指摘している私の記者活動を「陰謀論」というのであれば、私はその国会議員と徹底的に戦わざるを得ない。

そして、上海電力を咲洲メガソーラーに参入させたことを「全く問題がない」と主張している橋下氏を擁護し、外国企業のインフラ事業参入について何の対策も講じようとしない国会議員や国政政党は、日本のインフラ事業を守るという政治家としての最も大切な仕事よりも、政党の創立者の肩を持つことを優先する「エセ保守政党」と見做す。

大阪市長としての橋下氏の不適切な行動については、私はいくつもの証拠と証言を得ている。今後順次公開して、公論に是非を問う所存だ。

それでも日本維新の会の所属議員が橋下氏擁護を続けるのであれば、橋下氏のしたことを是認・追認したものとして遠慮なく批判させていただく。

音喜多議員の誤った主張

音喜多氏は5月10日、YouTubeに動画をアップロードしたが、その内容は橋下氏を徹底的に擁護する内容だった。例えば、こんな具合である。

・上海電力が大阪に招致されたとホームページに記載している点について

「大阪がわざわざ中国の企業を招き入れているじゃないか(という疑惑)については、単なる翻訳の問題。Google翻訳をかけるとこのプロジェクトは大阪市から提供されたものですという翻訳文になります」

「外国語翻訳の幅の中の問題なので、しかも、上海電力側が自分で言っているだけ。大阪市が我々が上海電力を招致したという記録が残っているんだったら問題。上海電力と維新や橋下徹が裏で繋がって悪い企みをしている根拠にはなり得ない」

この音喜多という人物の主張は、多くの点で根本的に間違っている。(引用ここまで)

【橋下徹研究⑥】音喜多議員に告ぐ――無理な擁護は怪我のもと|山口敬之【永田町インサイド WEB第6回】 | Hanadaプラス
なぜ、音喜多参議院議員は本来「入札」と訳すべき単語を「提供」と改竄したのか。音喜多氏が上海電力の日本語サイトと中国語サイトの矛盾を知った上で無理な擁護をするために「提供」と意訳したのであれば、音喜多氏は橋下徹氏のみならず上海電力まで擁護したことになる――。

橋下徹が人間のクズなのは皆さんご存知のとおりである。

今や何をツイッターで呟いても「で、上海電力は?」というリプで埋め尽くされるという地獄のような有様を晒している。

スポンサーリンク

音喜多議員についてはクズとまで呼んでいいかは知らない。

だが仄聞する限り相当なタマであることは間違いない。

例えば音喜多が一躍有名になった小池百合子との揉め事。

その後国会議員に立候補し、維新の有力議員にまで上り詰めた。

こいつの付く上司がことごとく悲惨な人物なのは何かあるのだろうか。

オウムのアーチャリーとの関係も気になるところだ。

何れにせよクズはクズ同士集まっていくということなのか。

タイトルとURLをコピーしました