スポンサーリンク
adsense002

武藤正敏氏、日韓関係より国内の分断統合が最優先の尹錫悦 最大の障害は「民主党の妨害」

日韓関係より国内の分断統合が最優先の尹錫悦、最大の障害は「民主党の妨害」

数の力を振り回す野党、度が過ぎれば前大統領・文在寅への「政治報復」も

韓国の新大統領・尹錫悦(ユン・ソンニョル)氏は、大統領就任演説を自ら推敲したという。当初スタッフがあげた原案は30分程のものだったが、自身で12~13分に短縮したそうである。

日本のメディアは、尹大統領が日韓関係についてどう述べるかに注目していたが、日本に対する直接の言及は全くなかった。

とはいっても演説の中で個別の国家に触れたのは、北朝鮮に関してのみ。外交については「国際社会で責任と役割を果たす国にならなければならない」と大局観を述べただけだった。米韓関係、中韓関係についても言及がなかったので、日本だけがスルーされたというわけではない。

尹錫悦政権の視線は国内問題に集中

尹錫悦氏の政治・経済・外交の中で最も緊急な課題は、いかに国内の分断と葛藤をやわらげ「協治」の政治に変えていくかである。尹錫悦氏が直面する国内政局は最悪である。

尹錫悦氏の大統領就任時の支持率は、韓国ギャラップの調査で41%と歴代大統領の中で最低である。

前任・文在寅(ムン・ジェイン)氏の84%と比べ半分に満たず、就任時の支持率が40%台だったのは朴槿恵(パク・クネ)大統領のみである。韓国国民は概して「革新系好み」とされ、就任当初の支持率は、民主系・革新系の大統領の場合は60~70%と高く、保守系の大統領は50%台と低くなることが多い。(引用ここまで)

日韓関係より国内の分断統合が最優先の尹錫悦、最大の障害は「民主党の妨害」 数の力を振り回す野党、度が過ぎれば前大統領・文在寅への「政治報復」も | JBpress (ジェイビープレス)
韓国の新大統領・尹錫悦(ユン・ソンニョル)氏は、大統領就任演説を自ら推敲したという。当初スタッフがあげた原案は30分程のものだったが、自身で12~13分に短縮したそうである。日本のメ(1/6)

韓国である。

支持率でいきなり40%台ギリギリは厳しい。

スポンサーリンク

これは朴槿恵の悲劇再びとなるかもしれない。

韓国はもともと革新系が強い。

要するに北朝鮮の工作が上手くいっているのである。

そこで保守大統領が一人頑張ったとしても国民がついて行かない。

悲劇的であるが日本人にとってどうでもいいことである。

何やら日米のスワップがないと苦しいらしいがそんな事知る由もない。

とっとと北朝鮮に吸収されてしまえばいいのである。

武藤正敏氏、文在寅は「無能だった」と…韓国大統領を退任した「文在寅」を待ち受ける「悲しい末路」–>

武藤正敏氏、岸田総理 韓国次期大統領の就任式「不参加」の判断は大正解

武藤正敏氏、「文在寅政権の人々が死ぬことに」文在寅が生き残りをかけた「トンデモ法案」で大騒動が勃発中!

武藤正敏氏、見えてきた韓国の次期政権構想 文在寅路線との「決別」を示す尹錫悦人事

武藤正敏氏、ウクライナ「異変」で これから「中国・ロシア・北朝鮮・韓国・アメリカ・日本」に起きること

武藤正敏氏、「人権弁護士」文在寅 ブチャの民間人虐殺にもロシア非難を控える人権感覚

武藤正敏氏、文在寅「常習的ウソ」で「特別監査」へ…! 飛び出す「不都合な真実」の中身

武藤正敏氏、「中韓会談」で判明 これから「中国・韓国・日本・アメリカ・北朝鮮」に本当に起きること

武藤正敏氏、次期大統領の方針にことごとく反対 退任前の文在寅「妨害工作」やりたい放題

タイトルとURLをコピーしました