スポンサーリンク
adsense002

長谷川幸洋氏、習近平とプーチンが台湾とウクライナで起こしうる「最悪のシナリオ」

習近平とプーチンが、台湾とウクライナで起こしうる「最悪のシナリオ」

もはやアメリカも止められない

NATOとロシアは物別れに

ウクライナ問題をめぐって、ロシアと米国、欧州の緊張が続いている。1月12日にはロシアと北大西洋条約機構(NATO)の協議が開かれたが、打開策を見いだせないまま、終わった。このままなら、時間切れで「最悪の事態」に突入する懸念も強まっている。

ブリュッセルのNATO本部で開かれた12日の協議で、ロシア側はNATOの拡大に反対し、ロシアと国境を接する国からのNATO軍の撤退、ウクライナが将来もNATOに加盟しない確約を求めた。NATO側はこれを拒否し、物別れになった。

NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、協議後の会見で「双方が対話を再開し、将来の会合の日程を検討する必要性を表明した」と述べたものの「ロシア側は今日、次の会合について合意する用意はない、と明確に述べた」と釘を刺した。

13日には、ウィーンでウクライナも含めた欧州安保協力会議(OSCE)の会議が開かれるが、これは57カ国が参加する大使級レベルの会議で、大きな進展は期待できない。ロシアと米欧の交渉は実質的に「12日でひとまず終了した」とみていい。

ストルテンベルグ事務総長が示唆したように、ロシアが交渉を継続するかどうかは、ひとえにウラジーミル・プーチン大統領の胸先三寸にかかっている。米欧には「米欧が妥協しなかったことを口実に、ロシアはウクライナへの武力侵攻を決断するのではないか」という悲観論もある。(引用ここまで)

習近平とプーチンが、台湾とウクライナで起こしうる「最悪のシナリオ」(長谷川 幸洋) @gendai_biz
ウクライナ問題をめぐって、ロシアと米国、欧州の緊張が続いている。1月12日にはロシアと北大西洋条約機構(NATO)の協議が開かれたが、打開策を見いだせないまま、終わった。このままなら、時間切れで「最悪の事態」に突入する懸念も強まっている。

中国とロシアの二正面作戦である。

流石に二正面となるとどの国もどちらかの戦線を放棄せざるを得ないだろう。

スポンサーリンク

アメリカとすればウクライナということになる。

台湾まで放棄してしまえばアメリカは二度と立ち直れないだろう。

ではロシアはウクライナを攻めるのか。

ここが一つの分かれ目だと思われる。

NATOとロシアはぶつかることになる。

果たしてロシアは戦線を維持できるのか。

2月20日前後、まずはウクライナ戦線注目せねばなるまい。

長谷川幸洋氏、岸田政権に立ち込める暗雲  米「二股外交」に強い不信感 路線を見極めるまで首脳会談先送りか

長谷川幸洋氏、習近平も絶句する…「台湾侵攻」の後に始まる、中国の製造業「大崩壊」の序章

長谷川幸洋氏、岸田政権「二股外交」で米の信頼保てるかの正念場 韓国の失敗が〝無様な結末〟を証明 

長谷川幸洋氏、1月の日米首脳会談は絶望的 来年5月以降まで開催されない極めて異例の事態

長谷川幸洋氏、“外交不安”岸田政権 やっと北京五輪「外交的ボイコット」表明 米に疑心暗鬼抱かせた責任重大 

長谷川幸洋氏、権力に憑りつかれた習近平がこれから台湾で引き起こす「ヤバすぎる事態」

長谷川幸洋氏、岸田首相と安倍元首相〝激突〟対中、政治闘争 外交的ボイコット・台湾情勢、危機感に温度差 

長谷川幸洋氏、日経平均「300円下げ」で“岸田ショック”が再び…首相の「失言」のウラを読む

長谷川幸洋氏、恐怖のシナリオ “中露同時侵攻”の可能性 ウクライナ情勢が「台湾有事」を誘発か 北京五輪閉幕後が危険

タイトルとURLをコピーしました