スポンサーリンク
adsense002

福島香織氏、北京五輪は専制主義プロパガンダの祭典になってしまうのか

北京五輪は専制主義プロパガンダの祭典になってしまうのか

世界に見せつける「中国共産党のための五輪」

中国の北京に隣接する直轄市、天津市で新型コロナ「オミクロン株」の地域感染が拡大するなか、3週間後に北京冬季五輪が開幕する。

当局は1月4日、冬季五輪開催前に「閉環(閉鎖環境)式管理」を発動。北京冬季五輪組織委員会によれば、これは国際イベントにおける最も厳格な管理方式で、日本の「バブル方式」を一層徹底したもののようだ。オミクロン株という極めて感染力の強いコロナウイルスが北京に隣接する天津市で拡大し始める中で、あくまで「ゼロコロナ」に固執する中国は果たしてどんな北京五輪を行うのか。

そして、ウイグル人弾圧や香港の民主活動家拘束問題について、何ひとつ国際社会に向けて前向きな対応を見せず、性暴力を告発した女子テニスプレイヤーの彭帥(ほうすい)や人権派弁護士の唐吉田(とう・きつでん)ら多くの人たちが「失踪させられて」いる状況で、また日本を含む多くの国が外交的ボイコットを行っている状況で、中国は強引に五輪を開催してどのようなメリットを得られるのだろうか。

「外界」との直接接触は一切禁止

中国の管理方式は、東京五輪の「バブル方式」をさらに厳密にしたものだ。外界と隔絶した比較的大きな閉鎖環境を作り、そこに五輪スタッフを開幕1カ月前から閉じ込め、まず「滅菌消毒」する。その数は、ボランティア、清掃員、調理師、運転手なども含めて数千人におよぶ。これを冬季五輪開幕前閉環(閉鎖環境)管理プロセスと呼んだ。いったん閉鎖環境に入ると、その後はいかなる理由があっても外界とは直接接触できない状況に置かれる。

閉環には「大環」といくつもの「小環」、つまり大きな閉鎖空間の中に小さな閉鎖空間がいくつもある格好になっている。小環とは、選手村、訓練施設、競技会場、メディア取材会場など個別の場所で、それぞれが小さな閉鎖環境となっている。

国外から来た選手、スタッフ、来賓、記者らは、それぞれがこうした小環に入ることができるが、たとえば小環から自由に出て大環の中を自由に動きまわれるかというと、それはできないらしい。そこが日本のバブル方式よりも厳格だ。(引用ここまで)

北京五輪は専制主義プロパガンダの祭典になってしまうのか 世界に見せつける「中国共産党のための五輪」 | JBpress (ジェイビープレス)
オミクロン株という極めて感染力の強いコロナウイルスが北京に隣接する天津市で拡大し始める中で、あくまで「ゼロコロナ」に固執する中国は、果たしてどんな北京五輪を行うのか。(1/5)

北京五輪は中国の圧勝に終わると予想されている。

羽生結弦選手のように世界中にファンがいれば別だが、そうでない場合選手たちには無言の、あるいは有言の圧力が加わるだろう。

スポンサーリンク

果たしてそんなものを見せられて我々は喜べるのか。

ヨーロッパやアメリカ・カナダあたりの選手のボイコットはまだあまり聞こえてこないが、そういうトップレベルの選手たちが参加しなければ大会はみじめなものになるだろう。

専制主義のディストピアを見せられても不愉快になるだけだ。

おそらく日本ではそういった感想が出てくるのではないか。

世界には様々な文化があり、様々な政体がある。

中国という国にとって専制が合っているのは歴史的事実だ。

だがそれは日本では受け入れられないだろう。

福島香織氏、住民の強制隔離で感染者ゼロ?中国式「ゼロコロナ」のカラクリ

福島香織氏、またも習近平が政敵つぶしか 元解放軍幹部の劉亜洲が「失踪」中

福島香織氏、「選挙」は民意の表れか? 中国がひっくり返す民主主義の常識

福島香織氏、習近平の「自爆」でいよいよ中国が「ヤバすぎる下流社会」へ大転落する…!

福島香織氏、西側民主主義より優れていると言い張る「中国の民主」の正体

福島香織氏、トップアスリートも失踪 そんな国で五輪を開いてはいけない

福島香織氏、台湾統一に向けた中国の実力行使が2027年に始まると見る理由

福島香織氏、習近平に「古い友人」と呼ばれてしまったバイデンの胸の内

福島香織氏、歴史決議採択 習近平はついに「現代の毛沢東」となるのか

福島香織氏、習近平の大失点 COP26欠席でリーダーシップが米国の手に?

タイトルとURLをコピーしました