2021-12

スポンサーリンク
政治

百田尚樹さん、『新版・日本国紀』ランキング3位に復活 これもひとえに皆様のお陰です ありがとうございました!

自慢です、すいません。 12月30日、『新版・日本国紀』がAmazon総合ランキングの3位に復活しました!(発売直後は1位) 発売後1ヶ月半も経った本が3位になるなんて、かつてあったでしょうか。 これもひとえに皆様のお陰です。ありがとうございました!
アメリカ

ウイグル人を見捨てた日本の政治家、マスコミ

中国国内の少数民族ウイグル人が中国政府と中国共産党によって集団虐殺、不妊化手術の強制、強制労働などおぞましい被害を受けている事について、アメリカは2021年の1年間だけでも様々な対抗措置を打ち出してきた。
中国

石平さん、日本への期待が高まっている中でよりによって親中政権が誕生した 対中包囲網はアリの一穴から崩れるのかと心配だ!

今年の秋までは、安倍政権の路線を受け継いだ菅政権の下では、日米同盟と日米豪印の対中国連携が強化されて、日米首脳の主導下でG7サミートも対中国問題で団結した。日本への期待が高まっている中で、肝心の日本ではよりによって親中政権が誕生した。対中包囲網はアリの一穴から崩れるのかと心配だ!
政治

不倫、暴力団、卑猥な暴言…韓国「大統領選」で「ヤバすぎる騒動」が続々起きていた!

韓国では2022年3月の大統領選挙に向けて、少しずつ各候補者達による動きが活発化している。
政治

武藤正敏氏、「日本を嫌いな韓国人」は、じつは文在寅「自作自演のフェイク」だった…!

いま韓国には「絶望」と「分断」が広がっている――。
政治

百田尚樹さん、どこの国にも恥部はある しかし大々的にアピールする国は日本以外にはない 馬鹿らしいのはなかった恥部までアピールしていること

そうなんですよね。 誰にでも恥部はある。どこの国にも恥部はある。 しかし、それらを大々的にアピールする国は日本以外にはない。馬鹿らしいのは、なかった恥部までアピールしていることだ。 で、アピールすべきだ!という人たちは、実生活で自分の恥部をアピールしているのだろうか。
政治

韓国の「高齢化の予測統計」が波紋…「日本を超えるスピード」で進む“尋常ではない現実”

12月19日、韓国の統計を司る統計庁より「将来人口推計:2020~2070年」が公表された。
政治

大原浩氏、韓国は日本を追い抜く前に朝鮮半島ごと沈没してしまいませんか?

「韓国、2027年に日本を『追い越す』…日本経済研究所が『警告』=韓国報道」というニュースが流れている。
アメリカ

長谷川幸洋氏、岸田政権「二股外交」で米の信頼保てるかの正念場 韓国の失敗が〝無様な結末〟を証明 

2022年の岸田文雄政権は、波乱含みになりそうだ。
中国

福島香織氏、またも習近平が政敵つぶしか 元解放軍幹部の劉亜洲が「失踪」中

中国国防大学の元政治委員で解放軍きっての理論家、しかも中共元老、元国家主席の李先念の娘婿という紅二代(共産党の元高級幹部の子弟)のサラブレッドでもある劉亜洲(りゅうあしゅう)上将が逮捕された、という噂がネットを駆け巡っている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました