スポンサーリンク
adsense002

大原浩氏、岸田政権のせこいバラマキを憂う-小出しの集大成 55.7兆円

岸田政権のせこいバラマキを憂う-小出しの集大成、55.7兆円

効果は「働かなくてよい楽園」幻想だけ

バラマキにさえならない、「バ」といったところ

岸田文雄氏が11月10日、第206特別国会で第101代首相に選出された。この第2次岸田内閣で初の「目玉政策」となるのが「18歳以下の子どもに一律10万円相当給付」とのことだ。

バラマキそのものの問題点については10月25日公開「日本は外国に借金していないからデフォルトしないというのは本当か?」など多数の記事で述べてきたが、岸田政権の「目玉政策」はバラマキにさえ至らない「バ」とか「バラ」にしかすぎないといえよう。

しかも、18歳以下の子供という区切りの根拠が不明確だ。例えば、この区切りの上の世代となる大学生の多くは、パンデミック騒ぎで飲食店などでのアルバイト収入を絶たれ苦しんでいる。

また、所得制限を設けるということだが、その場合、子供の所得ではなく「親の所得」で足切りされる。そして、「10万円をもらえた家の子供」と「もらえなかった家の子供」が併存することになる。「当事者」であるはずの子供たちは、この「区別」をどのように感じるだろうか? 学校で話題にならないとは考えにくく、もしかしたら「いじめ」の遠因になるかもしれない。

しかも、世帯の総所得を把握するのは技術的に困難とのことで、世帯の中で最も所得が高い人の所得で足切りされるそうだ。例えば960万円で足切りされた場合、誰か1人の所得が1000万円であればもらえないが、共働きで950万円+950万円=1900万円であればもらえるというのはどう考えても不公平である。

事前の評判通り岸田首相が「けち臭い」人物なのか、それとも自民党と連立を組む政党のごり押しなのか。いずれにせよ「岸田ケチケチ内閣」とネーミングされそうな状況である。

なお、政府が11月19日に決めた経済対策は財政支出が55.7兆円と過去最大に膨らんだが、言ってみれば「小出しの集大成」にしかすぎず、「明確なビジョン」が感じられない。ただ金額が大きければ良いというわけではない。「メリハリ」が大事なのだ。(引用ここまで)

岸田政権のせこいバラマキを憂う-小出しの集大成、55.7兆円(大原 浩) @gendai_biz
岸田政権が55.7兆という巨額の経済対策を決めたが、中身は10万円給付など、効果が期待されないようなせせこましいものばかり。小出しにして財政をただ悪化させるだけというのは最悪の政策である。

岸田は馬鹿である。

馬鹿なので誰にでも良い顔をしようとする。

スポンサーリンク

今回の給付金など典型的な例である。

公明党の顔を立てて子供に給付とした。

財界にも良い顔をしようとしてクーポン制にした。

ところが18歳以下では困窮している大学生らは救えない。

そこで急いで困窮学生にも給付金を、という話になった。

それ以外にもあれやこれやと異論が噴出し、もう誰も今回の給付金の全貌を知るものはいなくなった。

岸田内閣はこうやって内政でも外交でも首が回らなくなっていくのだろう。

大原浩氏、中国が直面する2つの大問題「14億の巨大人口」と「急速な少子高齢化」 

大原浩氏、エネルギー価格高騰 脱炭素・EV化を推進する国家・企業は総崩れか

大原浩氏、バイデン政権では中国発の経済混乱を防げないと思えるこれだけの不安

大原浩氏、これは習近平の経済自爆戦術か 行き着く先は巨大な北朝鮮

大原浩氏、習近平が目指すのは朝貢貿易か? 中国TPP加盟という暴挙を認めるな

大原浩氏、菅義偉の次はバイデンか…「棚ぼた大統領」が世界にもたらす混迷

大原浩氏、韓国の“永久反日”五輪で世界に浸透! 反撃の好機 国際社会に「被害」アピールを

大原浩氏、もううんざり 韓国「ネバーエンディング反日」への向き合い方

大原浩氏、無策の犠牲者となった飲食店 菅政権は全体主義を導くのか

大原浩氏、習氏が語る中国は巨象ならぬ“虚像” 「結局、毛沢東にはなれない」

タイトルとURLをコピーしました