スポンサーリンク
adsense002

フランス版トランプ現象のゆくえ

フランス版トランプ現象のゆくえ【白川司】

“極右”ゼムールの躍進

フランスでは、来年4月に大統領選挙がおこなわれる。事前の予想では、現職のマクロン大統領と、「極右」のマリーヌ・ルペン氏の一騎打ちになるだろうと予想されていたのだが、ここに来て異変が起きている。

10月22日のフランス紙『ルモンド』が報じた来年の大統領選挙に関する世論調査結果によると、まだ出馬宣言していない政治コメンテーターのエリック・ゼムール氏(63)が16%の支持率を獲得して、現職のマクロン大統領(24%)に次ぐ2位につけたのである。

前回、マクロン氏と決選投票のすえ敗れた極右政党「国民連合」党首のマリーヌ・ルペン氏の支持率は15%で、ゼムール氏は同じ「極右」にカテゴライズされながらルペン氏を抜いてしまったのである。

フランスの大統領選挙では初回に過半数を獲得した候補者がいない場合に、上位2人による決選投票がおこなわれる。もしゼムール氏がルペン氏を上回れば、マクロン氏とゼムール氏の一騎打ちになる可能性が出てきたことにある。

マクロン大統領が所属する共和党はフランスでは「中道右派」に位置する。国際主義をとり環境問題に率先して取り組んでいるマクロン政権は、私には「リベラル左派」に見えるのだが、社会主義が抵抗なく取り入れられているフランスでは、そのマクロン大統領ですら「右寄り」になる。

共和党の候補は12月4日の党大会で選出され、マクロン大統領の出馬でほぼ決まりだろうが、その共和党内でも、極右のゼムールを台頭させたのはマクロン大統領の責任を取り沙汰されるほどゼムール人気は不安を持ってとらえられているのだ。

「エリック・ゼムール」とは何者か?

日本でもゼムール氏の躍進は伝えられるようになったが、まだ知名度は高くない。
ゼムール氏はパリ郊外のモントルイユ出身で、アルジェリア系ユダヤ人の両親をもつ移民出身の家庭であるのが特徴的だ。フィガロなどの政治記者として活躍したのち、テレビコメンテーターとして人気を博している。

2011年には黒人とアラブ人に対する人種差別的発言で有罪判決を受けており、フランスにおいてはまごうことなき「極右」だ。

日本では2008年に『女になりたがる男たち』(新潮新書)という本が出版されている。男性が中性化に向かう世相を嫌い、「男はより男らしく」を説くあたり、日本で言えば父性の復権を唱える文芸評論家の小川榮太郞氏に似たところがあるかもしれない。

ゼムール氏の政治スタンスは、「ド・ゴール主義者(ゴーリスト)」を自称することからも明らかだろう。ド・ゴール主義の根幹は、米英などの外国の影響力から脱し、フランスの独自性を追求して「フランスらしさ」を極めようとすることにある。そのためは政府が経済などに積極的に介入することもいとわない官僚主導の「国家資本主義」を希求する。

EUとユーロの創設に尽力して国際主義を目指したミッテラン大統領とは相反する立場にあると言っていいだろう。
フランスにおける現在の対立は、親ミッテランのマクロン大統領と、反ミッテランのゼムール氏にあると見ていいだろう。つまり、EUを軸に国際主義をとるか、自国ファーストに切り替えるかということにある。(引用ここまで)

フランス版トランプ現象のゆくえ【白川司】
来年4月に大統領選挙が行われるフランスで、"極右"扱いされている政治コメンテーターのエリック・ゼムール氏が高い人気を獲得している。同氏はまだ出馬宣言すらしていないのに、同じ"極右"ジャンルのマリーヌ・ルペン氏より高い支持を受けているのだ。一体その理由はどこにあるのか、ルペン氏との「相違点」と米国トランプ現象との「共通点...

EUは病んでいる。

このままイスラム系移民に乗っ取られるのも時間の問題ではないか。

スポンサーリンク

フランスはある意味最も病んでいるのかも知れない。

パリが今悲惨な状態にあるのを知らない人はいまい。

「花の都」などという形容詞がかつてこの街を色取っていたとは信じられない有様だ。

そしてまだまだ移民は続く。

ある程度の揺り戻しがあるのだろう。

大統領選挙は面白い戦いになるのかも知れない。

だが移民によって汚された街を見るにつけここに新しい未来は来ないだろうという思いを強くする。

タイトルとURLをコピーしました