スポンサーリンク
adsense002

「安倍晋三が担ぐ高市早苗」が安倍派でものすごく嫌われる理由

「安倍晋三が担ぐ高市早苗」が安倍派でものすごく嫌われる理由

「令和のキングメーカー」の異名を持つ安倍晋三元首相の覇権に波風が立ち始めている。その波乱要因の一つに、先の自民党総裁選で安倍氏が支持を表明した高市早苗・自民党政務調査会長の存在が挙げられる。党内最大派閥のトップに就いた安倍氏が、高市氏を安倍派に取り込むのではないかとささやかれるが、その高市氏が安倍派の中で「招かれざる客」として嫌われているからだ。(イトモス研究所所長 小倉健一)

「令和のキングメーカー」安倍元首相が迎える難局

歴代最長の長期政権を築き、自民党最大派閥「安倍派(清和政策研究会)」のトップに就いた安倍晋三元首相。首相退任後は「令和のキングメーカー」を謳歌できるかといえば、実はそう簡単ではない。

岸田文雄首相から距離を置かれはじめたことに加え、「ポスト岸田」をにらむ勢力から板挟み状態にあるためだ。そのハンドリングを誤れば、保守派の代表格といえども求心力を失いかねない難しい局面を迎える。

~略~

安倍元首相のもう一つの懸念材料高市早苗氏の「処遇」

メディアに注目されてはいないものの、安倍氏にはもう一つの懸念材料がある。それは先の自民党総裁選で全面支援した高市氏の「処遇」である。

高市氏は政治信条が安倍氏に近い保守派の政策通で、自民党に入党後は清和会に属していた。だが、2011年に当時の町村派(町村信孝会長、現安倍派)を退会し、以降は派閥に属さない姿勢を貫いている。

退会の理由については、同じ清和会の仲間だった山本一太・現群馬県知事が12年1月22日のブログで「理由は極めて明快。『派閥内で、次の総裁選挙に町村会長を擁立しようという流れがある。町村氏を応援するつもりはないので、迷惑をかけないうちに辞めた』ということだ。いかにも、高市さんらしい!」と明かしている。

12年の党総裁選は安倍氏が再登板することになる選挙で、清和会からは町村会長と安倍氏の2人が立候補するという異例の展開となったことは記憶に新しい。自民党ベテラン議員が語る。「高市氏は思い込みが強く、自分で『こうだ!』ということは引かない。町村派を出ていった時は『後ろ足で砂をかけた』とみんな怒って、そのしこりは残っている。最大派閥を二分した戦いが再び起きなければいいけどね」。

自民党内でささやかれるのは、安倍氏の新会長就任に伴い、高市氏を清和会に復帰させるのではないかということだ。多くが太鼓判を押すような宰相候補が見当たらない安倍派にとって、先の総裁選の国会議員票でトップの岸田氏に次ぐ114票を獲得した高市氏の派閥復帰は本来ならば歓迎されることではある。

総裁選での敗戦後、「私は歩みを止めません」と語った高市氏の「次」を見据えた意欲も並々ならぬものだ。(引用ここまで)

「安倍晋三が担ぐ高市早苗」が安倍派でものすごく嫌われる理由
「令和のキングメーカー」の異名を持つ安倍晋三元首相の覇権に波風が立ち始めている。その波乱要因の一つに、先の自民党総裁選で安倍氏が支持を表明した高市早苗・自民党政務調査会長の存在が挙げられる。党内最大派閥のトップに就いた安倍氏が、高市氏を安倍派に取り込むのではないかとささやかれるが、その高市氏が安倍派の中で「招かれざる客...

馬鹿みたいな記事。

政策より政局が大好きな情弱向け。

スポンサーリンク

ダイアモンド・オンラインらしく左派的な見方で安倍晋三を見ている。

何よりこの記事の決定的な誤りはこれだけSNSが発達した世の中で自民党の古臭い老政治家しか相手にしていないことである。

高市氏が町村派を抜けてから10年以上経っている。

政治においては10年は昨日のことといえるかも知れないが、社会においてはこの10年は世界が圧倒的に変化した時代といえるだろう。

既にどんなに頑張っても立憲民主党は消費税程度しか支持率を得られないし、維新や国民民主がある程度の支持を得たのも、ネット社会でなければ不可能だっただろう。

この流れにきちんと乗ることが出来ない政治家はとっとと退場するし、ネット上での有権者の動向を探れなければ自民党といえどもこの先安心は出来ない。

その危機感が先日の総裁選での高市派の予想以上の集まりになったのだ。

タイトルとURLをコピーしました