スポンサーリンク
adsense002

長谷川幸洋氏、“日米をテスト”中国軍機の台湾進入 「怒り」伝わらない岸田・バイデン政権の傍観的対応

【ニュースの核心】“日米をテスト”中国軍機の台湾進入 「怒り」伝わらない岸田・バイデン政権の傍観的対応 救いは高市氏の「台湾TPP加盟支援」発言

岸田文雄首相は8日、初の所信表明演説を行う。新型コロナウイルス対策の抜本的強化とともに、外交・防衛政策の基本方針にあたる「国家安全保障戦略」の改定などを表明する。軍事的覇権拡大を進める習近平国家主席率いる中国共産党政権を視野に、日米同盟を基軸に「自由で開かれたインド太平洋」を強力に推進する姿勢だ。こうしたなか、中国が、蔡英文総統の台湾への軍事的圧力を強めている。ジョー・バイデン米政権は、中国の暴走を止められるのか。岸田政権は、対中強硬姿勢を貫けるのか。ジャーナリストの長谷川幸洋氏が迫った。

中国が台湾の防空識別圏(ADIZ)に連日、大量の戦闘機や爆撃機を進入させている。台湾当局によれば、その数は1日から5日までに計150機に及んだ。異様な軍事的挑発だ。

それだけではない。

中国共産党機関紙「人民日報」系の英語紙「グローバル・タイムズ(環球時報)」は4日付社説で、「蔡総統が就任してから、台湾海峡をめぐる平和協力は崩壊した。米国と民進党は中国を標的にして、台湾を米国のインド太平洋戦略に組み入れようとしている。彼らが今の状況を変えないなら、中国は軍事的懲罰の引き金を引くだろう」と警告した。(引用ここまで)

【ニュースの核心】“日米をテスト”中国軍機の台湾進入 「怒り」伝わらない岸田・バイデン政権の傍観的対応 救いは高市氏の「台湾TPP加盟支援」発言
岸田文雄首相は8日、初の所信表明演説を行う。新型コロナウイルス対策の抜本的強化とともに、外交・防衛政策の基本方針にあたる「国家安全保障戦略」の改定などを表明する…

残念だが岸田はもう終わりだ。

長くて次に参院選、下手をすれば今回の衆議院選で首相の座を追われる可能性すら出てきた。

スポンサーリンク

これの遠因は高市早苗氏の存在である。

河野と岸田の馬鹿の比べ合いなら我々もいつも通りの自民党総裁選として見れた。

だが政策面で高市氏は圧倒的だった。

河野など一日一日馬鹿のメッキが剥げていった。

岸田は上手くやったと思っているだろう。

だが既に政治を見る側は政策をかっちり語れない岸田に用はないのだ。

ましてここで中国に甘い顔を見せれば即座に政権を追われるだろう。

長谷川幸洋氏、マスコミがこぞって見誤った 岸田首相「新自由主義からの転換」の本当の意図

長谷川幸洋氏、岸田新総裁 安全保障は大丈夫か? 求められるのは“毅然とした政治の判断力”

長谷川幸洋氏、岸田政権が対中外交で抱える「潜在的な弱点」…「他人の話を聞く」のが裏目に出るか

長谷川幸洋氏、自民党総裁選 不用意な発言でにじむ「危うさ」 河野氏「年金の最低保証」に消費税

長谷川幸洋氏、河野太郎を取り巻く「3つの問題」…「最有力候補」から一転 逆風が吹き始めたワケ

長谷川幸洋氏、異端・河野氏の総裁選出馬で自民“分裂”か 岸田氏「霞が関丸呑み」 高市氏「内閣・党の人事が鍵」 

長谷川幸洋氏、バイデン政権の大失敗…タリバン支配地に「置き去りにされる民間人」が続出している

長谷川幸洋氏、新型コロナ「武漢流出説」を日本のマスコミが「報道できない」情けない理由

長谷川幸洋氏、五輪でバレた「韓国の正体」 政府から選手に“反日”伝染 世界に「中継」された醜態の数々

タイトルとURLをコピーしました