スポンサーリンク
adsense002

歳川隆雄氏、軍事緊張はエスカレート…習近平がアメリカに「弱腰」になれない深刻事情

軍事緊張はエスカレート…習近平がアメリカに「弱腰」になれない深刻事情

米中対立の先行きは依然として不透明だ

6カ月半ぶりの対談

香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(10月5日付電子版)が報じた通り、米国のジェイク・サリバン国家安全保障担当大統領補佐官と中国の楊潔篪共産党政治局員は6日にスイスのチューリッヒで6時間超えの会談を行った。

米中の外交・安保責任者が対面で会談したのは、バイデン米政権が発足した直後の今年3月18日に米アラスカ州アンカレッジで楊氏、王毅外相・国務委員がアントニー・ブリンケン国務長官、サリバン氏と会談して以来6カ月半ぶりだ。

ブリンケン長官はバイデン政権高官として初の日本、韓国を公式訪問(同15~18日)、ワシントンへの帰途アンカレッジに立ち寄り、サリバン氏はワシントンから駆けつけた。そして楊政治局員と王外相は米中外交トップ会談のために北京から専用機で乗り込んできたのだ。

だが、このアンカレッジ会談は記者やカメラマンを入れた冒頭の頭撮り(オン・ザ・レコード)段階で早くもブリンケン、楊潔篪両氏が感情も露わに批判の応酬となり、続いて発言したサリバン、王両氏も互いに「人権抑圧だ」「内政干渉だ」とヒートアップし、米中高官会談は米中対立の深刻さを改めて国際社会に示すことになった。では、今回はどうだったのか。(引用ここまで)

軍事緊張はエスカレート…習近平がアメリカに「弱腰」になれない深刻事情(歳川 隆雄) @gendai_biz
香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(10月5日付電子版)が報じた通り、米国のジェイク・サリバン国家安全保障担当大統領補佐官と中国の楊潔篪共産党政治局員は6日にスイスのチューリッヒで6時間超えの会談を行った。

中国は結局最後まで西側諸国と対等な会談を行えなかった。

これはかなり深刻である。

スポンサーリンク

誰がどう見ても中国はヤバい。

国内のバブルがはじけ、これから阿鼻叫喚の地獄が展開されるであろう。

そんな中習近平は頭がおかしくなったとしか思えない政策を展開している。

図体がでかいので倒れるのは時間がかかりそうだが、倒れかかっているのは事実だ。

にもかかわらず外交では強い中国を演出せねばならない。

そこで軍部は暴走する。

そして歴史は繰り返すのだろう。

歳川隆雄氏、日米豪印の「対中国抑止策」に欧州が参戦…尖閣諸島問題に与える強烈なインパクト

歳川隆雄氏、驚きの意味不明瞭さをみせたバイデン米大統領

歳川隆雄氏、中国の尖閣侵入 菅首相に残された「バイデン見参」という選択

歳川隆雄氏、まさかの「トランプ当選」…なのか?

歳川隆雄氏、米大統領選後 台湾で起こる最悪のシナリオ

歳川隆雄氏、米大統領選 トランプ氏支持の岩盤層は侮れない

歳川隆雄氏、トランプは本当に「劣勢」なのか

歳川隆雄氏、米大統領選 トランプ新型コロナから復活すれば大逆転あり得る

歳川隆雄氏、菅義偉首相の卓越した「政治力」の原点をご存知か

歳川隆雄氏、米大統領選 トランプ氏の猛“口”撃からバイデン氏は身を守れるか

歳川隆雄氏、アメリカで大人気だったギンズバーグ判事…その死が大統領選に与える影響

歳川隆雄氏、菅首相の“巧妙人事”

タイトルとURLをコピーしました