スポンサーリンク
adsense002

「小石河連合」不発で苦境の石破氏、退会者相次ぐ派閥内で「役割終わった」の声も

「小石河連合」不発で苦境の石破氏、退会者相次ぐ派閥内で「役割終わった」の声も

自民党の石破茂・元幹事長が苦境に陥っている。総裁選では出馬を断念し、河野行政・規制改革相の支援に回ったが、敗北を喫した。石破派からは退会者も相次ぎ、再浮上に向けた展望は開けていない。

 「党員票で過半数を大きく上回る支持をいただき、議員票に反映させる計画は十分な効果を上げなかった。残念な思いだ」

 石破氏は1日、地元・鳥取市で記者会見に臨み、総裁選を総括した。

 河野陣営は、河野氏と石破氏に、小泉環境相を加えた「小石河連合」を前面に出し、党員票で圧倒する戦略を描いた。だが、1回目の党員票(382票)のうち、河野氏の得票は約44%の169票で、最低目標とした5割に届かなかった。

 1回目の国会議員票は86票で3位。安倍前首相ら多くの重鎮と折り合いが悪い石破氏の合流によって「議員票離れが加速した」との見方が広がった。

 石破派では、総裁選の前後に山本有二・元農相や、事務総長経験者の古川禎久衆院議員が退会届を提出。所属議員は15人に減った。

 石破氏は1日の記者会見で派閥の解散や他派閥への合流を否定。今後、総裁選に挑む可能性について「未来 永劫 やりません、と言うほど無責任ではない」と述べ、排除しなかった。ただ、石破氏は過去4回挑み、いずれも敗れただけに、派内では「石破氏を首相にするという石破派の役割は終わった」との声さえ出ている。

「小石河連合」不発で苦境の石破氏、退会者相次ぐ派閥内で「役割終わった」の声も : 政治 : ニュース
自民党の石破茂・元幹事長が苦境に陥っている。総裁選では出馬を断念し、河野行政・規制改革相の支援に回ったが、敗北を喫した。石破派からは退会者も相次ぎ、再浮上に向けた展望は開けていない。 「党員票で過半数を大きく上回る支持

このおっさんは自分が総裁になれる器だと思っていたのだろうか。

思っていたのだろうな、馬鹿だから。

スポンサーリンク

ネットが発達する前と後では世界は激変している。

そんなにネットが発達する前にはこの男は「政策通」で通っていたのだ。

恐ろしいことである。

ネットが一般的になり、議員の勉強ぶりが明らかになると、このおっさんの底の浅さがあっという間にバレた。

それ以来落ちる一方である。

このおっさんの最盛期は自民党が野党に転落し、当時の民主党を責め立てていたときである。

自分にこれといった政策がなくても、相手をネチネチ攻撃すればそれで良かったのだ。

タイトルとURLをコピーしました