スポンサーリンク
adsense002

門田隆将氏、煽られ 道理を失う日本人

【門田隆将】煽られ、道理を失う日本人【事件の現場から】

日本人は、なぜここまで劣化したのだろうか。昨年来のコロナ禍、そして、五輪の無観客開催決定の経緯を見ながらつくづくそう思う。

左翼陣営が盛んに五輪中止運動を展開し、実施する場合は「無観客」を主張した末、菅政権はこれを追認した。無観客五輪を都議選の重点政策に掲げた都民ファーストと小池百合子都知事による〝無観客攻勢〟に白旗を上げたのである。欧米に比べ、コロナ制御に成功し、感染者・死亡者ともに何十分の一、何百分の一に過ぎない〝さざ波〟日本。国際社会から当初「五輪が日本開催でよかった」と思われていた。それが一転、無観客開催。あり得ないことだった。

無観客なら、インドでも、チリでも、ブラジルでも、どこでやってもいいからだ。〝さざ波〟の日本でやる必要はない。海外からの観客をストップした時点で世界は「残念だが仕方ない」と我慢するしかなかった。コロナを制御している日本の方針なら仕方ないと思ったからだ。昨年1年間のG7の超過死亡率(※全死亡数が平年に比べて増減したか示す割合)は米国のプラス20.2%、英の19.6%をはじめ、軒並み大幅プラスである。しかし、日本だけはマイナス1.4%。このことが英BBCで報じられた際、「噓だろ?」と話題になったのは当然だろう。コロナで死者が増えるどころかマイナスなのか。日本は凄い、と。

うがいや手洗いなどを励行した日本では、コロナの死者は出たとしても、インフルエンザなどほかの感染症も抑えた結果、例年より死者数が減少したのである。こんな国があるのか──それは欧米各国にとって衝撃だったのだ。しかし、それより驚愕したのは、それでも日本が無観客という「コロナ敗北宣言」をしたことだ。まさに「なぜ?」である。

私は今年『新・階級闘争論』(ワック)を出版した。これは日本のみならず世界中で起こっている〝ノイジーマイノリティ(※口うるさい少数者)〟によって右往左往させられる社会の有様を論じたものだ。具体的にいえば、1989年のベルリンの壁崩壊以降、敗れ去ったはずの共産主義が姿を変えて生きつづけ、さまざまな分野での些細な差異を強調し、差別問題を創り上げて被害者意識を生み出し、「新しい階級闘争」を行なっていることだ。LGBTや夫婦別姓問題、女系天皇容認論などは、すべてその流れの中にある。

ツイッターやフェイスブックといったSNSを利用し、ここでツイデモ(※ツイッターによるデモ)などを駆使し、あたかも大きな世論が動いているかのように見せるやり方だ。

日本では、参院選を2カ月後に控えた2013年5月、日本共産党中央委員会が32万党員に「ツイッターとフェイスブックを始めよ」と通知し、SNSで世論を構築する〝組織票づくり〟に着手した。同年7月の参院選では、これが功を奏し、改選3議席は8議席に躍進。以来、同党は〝共産党〟という名を出す必要がないSNS戦略を大いに利用するのである。(引用ここまで)

【門田隆将】煽られ、道理を失う日本人【事件の現場から】
連日の日本勢の活躍で、盛り上がりを見せる東京五輪。"無観客"でこれだけの盛り上がりを見せるのだから、もし"有観客"で実施していれば、どれだけ日本に明るさを与えられたことであろう。確かにコロナの感染拡大は気を付けるべきだが、世界と比べた日本の状況、そしてワクチンの普及速度を見れば、"無観客"は行き過ぎな措置であったのでは...

日本人はちょっと異常なほど清潔好きである。

ゼロコロナなんていう言い方はそういう意味では日本人の特性を言い当てていた。

スポンサーリンク

だがマスコミまで一緒になって騒ぎ立てることでこの傾向に拍車がかかった。

東京で三千人とか四千人とか、あるいはこの調子なら一万人の感染者が出てもおかしくない。

それがどうかしたのか。

人口一千万人を超す東京で感染者が一万人にも満たない。

若い層がとっとと反旗を翻した。

当然だろう。

あまりにも長く押さえつけられた層は「ハレ」を求めているのだと思う。

門田隆将氏、「反五輪の圧力に屈した」 無観客五輪は“菅首相の敗北” 

門田隆将氏、諦めない「女系天皇」推進勢力の”目的地”

門田隆将氏、なぜ「女系天皇」は皇室を潰すのか

門田隆将氏、私たちは「新・階級闘争」を克服できるのか

門田隆将氏、「寛容」が消えた日本はどこにいくのか

門田隆将氏、バイデンに過去の発言との整合性を求めるのは無理

門田隆将氏、新聞の「使命」と「役割」を思い出せ

門田隆将氏、厚労省はなぜ国民の「命の敵」なのか

門田隆将氏、台湾パイナップル 東日本大震災 台湾の支援を忘れるな

門田隆将氏、“戦争好き”の民主党政権が早くも戦争を始めた

タイトルとURLをコピーしました