スポンサーリンク
adsense002

島田洋一氏、天下の大道 残念な政治家たち

残念な政治家たち【島田洋一:天下の大道】

「信頼を失うのは一瞬」という言葉がある。残念なことに、この一カ月、そうした瞬間を何度も目にすることになった。

まずは小野寺五典衆院議員である。過去に防衛相を三度務めるなど、特に安全保障問題に見識を見せ、手堅い仕事をしてきた。三度目は、前任の稲田朋美防衛相が定見なく右往左往したあげく、崩れ落ちるように辞任した後のピンチヒッターだったが、そつなくこなし、「防衛はいつでも小野寺に任せられる」との評価を高めた。

その小野寺氏が7月2日にこうツイートした。

《福田康夫元首相らしいです。……官僚組織だけでなく御自身にも厳格な総理。本当に尊敬できる方です》

ここまで小野寺氏が感動した福田氏の言動とは何か。引用記事を見ると、福田氏が講演で、森友学園を巡る財務省の決裁文書改竄を批判し、保存すべき公文書が正しく保存されていないのは「国民に対する背信と言わざるを得ない」と指摘、「健全な民主政治を進めるにはまず国民が真実を知ることだ」と力説したというものである。

自然に眠気を誘う平板な内容で、小野寺氏が無理やり褒めにいったとしか思えない。

しかも福田氏は首相時代、気に入らない記者の質問には木で鼻を括ったような応答に終始し、「健全な民主政治を進めるにはまず国民が真実を知ること」を実践していた「本当に尊敬できる方」とは到底思えない。

また、小泉第一次訪朝前の日朝秘密協議を担った田中均外務省アジア大洋州局長(当時)が最も重要な時期の交渉記録を残していなかった問題を、安倍前首相は厳しく、公然と批判してきたが、福田氏は常に田中氏の側に立ち、拉致問題に冷ややかだった。一体どこが、「官僚組織だけでなく御自身にも厳格な総理」なのか。

小野寺氏のこのツイートには、「見損なった」とする批判のコメントが多数寄せられたが、同氏は無視の構えである。これは長年支持してきた「国民に対する背信」だろう。

そうした事後の対応も含め、私の同氏に対する信頼や期待の念は地に堕ちた。小野寺氏がこの発言を「福田先生の長寿を祝う会」の演壇で行ったのなら、別に問題はない。そうした場では、歯の浮くような挨拶が定番だからだ。

しかし広く一般に向けたツイッターでの発信となると、少なくともその政治感覚を疑わざるを得ない。褌を締め直してもらわねば困る。本当に福田氏を心から尊敬しているのなら、何をかいわんやだが。(引用ここまで)

残念な政治家たち【島田洋一:天下の大道】
「100点満点!」という政治家が稀有であることは重々承知だが、それにしてもこのところとても「残念」としか思えない政治家が多すぎないだろうか。当初は輝く期待を背負った彼らは、なぜ徐々に「残念」な政治家になっていくのか―。(『WiLL』2021年9月号初出)

世界はコロナ禍である。

21世紀に入ってここまで世界が予想不可能な状態になるとは思ってもみなかった。

スポンサーリンク

中国に対する姿勢も自然厳しい物になった。

一般庶民でさえ「死」という物を間近に感じ、不安は政治家に向かっている。

ここで政治家の真贋が問われているのだろう。

西村経済再生相などはまさに当てはまる。

まあこれほどの事態に際して「本物」の政治家といえる人などそうそういまい。

「偽物」でもどうにかだましだまし「本物」っぽく使っていくしかないのだろう。

問題はそんな「偽物」すらなかなか見当たらないことだが。

島田洋一氏、中国は蔡政権が続く限り圧力や嫌がらせを続ける 米国との緊張関係も強まるだろう

島田洋一氏、河野談話を明確に修正せよ

島田洋一氏、「風評加害者」と戦う気概

島田洋一氏、バイデン大統領 対中強硬姿勢は“本物”か? 印象的な発言はなかった

島田洋一氏、バイデン政権も中国にどのような具体的行動を取れるかだ

島田洋一氏、中国側は米国がどこまで具体的行動に移せるかを試しているのではないか

島田洋一氏、バイデン公式会見を「中国を『競争相手』 強い態度とは大きな差」

島田洋一氏、米中双方の『プロパガンダ合戦』ブリンケン氏の『外交素人臭さ』もあらわ

島田洋一氏、文明国なら森辞任はなかった

島田洋一氏、米国 中国ウイグル人弾圧を『ジェノサイド』五輪ボイコットに反対は難しい

タイトルとURLをコピーしました