スポンサーリンク
adsense002

長谷川幸洋氏、習近平の”自滅”が近づく…元共産党員が発表した中国「内部崩壊」のシナリオ

習近平の”自滅”が近づく…元共産党員が発表した、中国「内部崩壊」のシナリオ

かの国は、米国が思う以上に「脆弱」だ

「中国の脆弱さ」を指摘した論文

中国共産党中央党校の元教授で、米国在住の蔡霞(Cai Xia)氏が、中国から見た米中関係に関する論文を発表した。蔡氏は「米国が考えている以上に中国は脆弱」と指摘し、ジョー・バイデン政権に対中戦略の見直しを求めた。習近平体制の「新たな爆弾」になるのか。

蔡霞氏については、これまで日本でも度々、報じられているので、名前を覚えている読者も多いだろう。私は2月19日公開のコラム「習近平も青ざめる…中国共産党『内部崩壊』を指摘した“ヤバすぎる論文”の内容」の中で紹介した(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/80395)。

同氏は2012年に退職するまで長年、共産党幹部を教育する中央党校の教職にあった(https://chinadigitaltimes.net/space/Cai_Xia)。「紅二代」と呼ばれる中国建国に関わった中国共産党幹部の子女で、党の表彰を受けたこともあるバリバリの党エリートである。だが、退職後は人権問題などで、習近平体制に批判的な立場に転じていた。

退職した2012年は奇しくも、習近平が権力を握った年でもある。昨年6月には、中国共産党を「政治的ゾンビ」、習近平総書記を「マフィアのボス」と酷評した蔡氏の講演内容がSNS上に出回った(https://chinadigitaltimes.net/2020/06/translation-former-party-professor-calls-ccp-a-political-zombie/)。

これをきっかけに、同年8月以降、英ガーディアンなど欧米メディアの取材に相次いで実名で登場し、公然と習体制を批判してきた(https://www.theguardian.com/world/2020/aug/21/china-cai-xia-former-party-insider-who-dared-criticise-xi-jinping)。中国共産党は同月、蔡氏が「国の名誉を傷つけた」として党籍を剥奪するとともに、年金など退職後の待遇取り消しを発表した。(引用ここまで)

習近平の“自滅”が近づく…元共産党員が発表した、中国「内部崩壊」のシナリオ(長谷川 幸洋) @gendai_biz
中国共産党中央党校の元教授で、米国在住の蔡霞(Cai Xia)氏が、中国から見た米中関係に関する論文を発表した。蔡氏は「米国が考えている以上に中国は脆弱」と指摘し、ジョー・バイデン政権に対中戦略の見直しを求めた。習近平体制の「新たな爆弾」になるのか。

まあ中国がそれほど強いと思っているのは歴史を無視した連中ばかりだろう。

中国の弱さは類を見ないほどである。

スポンサーリンク

もちろん中国はいつの時代も人口という莫大な力で他を圧倒してきた。

人口が多いと言うことは、その中から生まれる天才もまた多いということである。

その部分では中国は他を寄せ付けないほど強い。

だがそこまでである。

中国の蝗のような人口は、一握りの天才の業績を一瞬で食いつぶす。

天才こそいないが平民が仕事をする日本とはそこが決定的に異なっている。

中国など戦争する前に崩壊する。

長谷川幸洋氏、欧米に「闘争」習氏の100年演説 先行きは内憂外患で爆発寸前

長谷川幸洋氏、中国情報機関ナンバー2「米亡命」の真偽 新型コロナ「武漢起源」の証拠提供なら習政権に致命傷

長谷川幸洋氏、新型コロナ「武漢流出疑惑」再び…とうとうアメリカで「徹底追及」が始まった!

長谷川幸洋氏、コロナ起源の証拠提出で圧力 中国に賠償請求か 11日に英でG7開幕

長谷川幸洋氏、評価高まる岸防衛相 ワクチン架空予約に厳重抗議 「兄弟宰相」の可能性も

長谷川幸洋氏、文在寅が絶体絶命…米国から完全に見放され、「終わり」が近づく悲惨な末路

長谷川幸洋氏、遅すぎるワクチン接種 非難されるべきは「菅首相でない」と断言できる理由

長谷川幸洋氏、G7vs中国「ワクチン戦争」激化!  日本は同盟国に「覚悟と行動」示せ

長谷川幸洋氏、北京五輪「共同ボイコット」なら習政権に大打撃!

タイトルとURLをコピーしました