スポンサーリンク
adsense002

大原浩氏、「習氏の野望」日台で粉砕 バイデン政権、対中共闘で文政権を排除も…

「習氏の野望」日台で粉砕 バイデン政権、対中共闘で文政権を排除も…真意は日韓ともに「次の政権」に期待か 大原浩氏緊急寄稿

中国との対立姿勢を強める米国。ジョー・バイデン大統領の思いとは別に、米国は習近平氏が事実上の「皇帝」として君臨する可能性がある中国を「最大の脅威」として標的に定めたとみるのは国際投資アナリストの大原浩氏だ。大原氏は緊急寄稿で、米国が対中包囲網の主軸を日本と台湾に託す一方、韓国の現政権には見切りをつけていると指摘する。

1月の大統領就任以来のバイデン氏の言動を見ると、ドナルド・トランプ前大統領が「居眠りジョー」と揶揄したのがズバリ当たっているように思える。自動運転モードの乗用車の中で、ハンドルも握らずに優雅に昼寝を楽しんでいるかのようだ。

イスラエルとイスラム原理主義組織ハマスの軍事衝突に関する「停戦の仲介」でも、バイデン氏自身がどこまで関与したのかは不明だ。米国の真意は、首脳会談で菅義偉首相にハンバーガー、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領にカニ肉を使ったクラブケーキが出された-などという表面的行動を見ているだけでは全く分からないのだ。

それを読み解く上で最も重大なのが「習氏が権力を掌握している限り、中国は冷戦時代のソ連と同じ最大の脅威(敵国)」ということであろう。

米中の「蜜月」は、1990年代前半のビル・クリントン政権から続き、トランプ政権で覆されたが、2018年の3月11日に、全国人民代表大会で、国家主席の任期を「2期10年」までとする規定を撤廃する憲法改正案を採択した。(引用ここまで)

「習氏の野望」日台で粉砕 バイデン政権、対中共闘で文政権を排除も…真意は日韓ともに「次の政権」に期待か 大原浩氏緊急寄稿
中国との対立姿勢を強める米国。ジョー・バイデン大統領の思いとは別に、米国は習近平氏が事実上の「皇帝」として君臨する可能性がある中国を「最大の脅威」として標的に定…

アメリカの動きは誠に珍妙である。

トップが痴呆症だと全く困ったことになる。

スポンサーリンク

アメリカが日本に対する姿勢を完全に変えた。

対中国に際して頼りになる相棒という見方である。

長い間続いた「アメリカのライバル」という見方を、少なくとも今は変えたということだ。

だから韓国は用済みとなった。

日台は国交を再開すべきだ。

民間同士では不可能なこともある。

色々口出ししてくる連中が多いが、日台同盟までいけば非常に強固なものになる。

大原浩氏、バイデン政権がすでに「深刻な機能不全」…このまま終わるのだろうか

大原浩氏、習近平主席の「誤算」 親中とみられてきたバイデン氏が“中国を叩き潰す日”

大原浩氏、中国と台湾が入れ替わる「逆ニクソンショック」の可能性を考える

大原浩氏、米中経済の同時崩壊と世界金融危機の予兆 日本は「ビッグチャンス」有効活用すべき

大原浩氏、菅首相は日米首脳会談でジェノサイド問題を避けて通ってはいけない

大原浩氏、米中“闇の蜜月関係”の背後にウォール街か…重要性増す日本の存在

大原浩氏、バイデン政権の「寿命」を考える

大原浩氏、中国 幻想の「上げ底経済」で“自滅”!? 投資家が注目するのは日本

大原浩氏、米中経済第二次冷戦で共倒れ→日本経済「独り勝ち」の可能性

大原浩氏、菅首相「長男接待」騒動のウラでマスコミが報じない「本当の大問題」

タイトルとURLをコピーしました