スポンサーリンク
adsense002

武藤正敏氏、就任4年の文在寅 経済失政・外交崩壊続きも「自画自賛」の厚顔

就任4年の文在寅、経済失政・外交崩壊続きも「自画自賛」の厚顔

4年間で韓国にもたらしたのは「国民の分断」

5月10日、文在寅大統領は就任4周年を迎えた。文大統領は同日、青瓦台で特別演説を行い、国民経済、新型コロナ、南北関係について語った。ただし日韓関係に関する言及はなかった。

客観的に見れば、文在寅政権のこの4年間は国内の分断を広げ、北朝鮮外交でも失敗を繰り返してきたが、その反省は一向にない。この日の特別演説も、就任式の演説同様、実現性のない美辞麗句を並べたものであったと断じざるを得ない。

文政権の4年間は「自画自賛」と「言い逃れ」、「ネロナンブル」の繰り返し

世論調査会社リアルメーターが5月3日から7日にかけて実施した世論調査では、肯定的評価が前週より3ポイント上がって36.0%、否定的評価は2.3ポイント下がって60.3%であった。就任4年目の時点での評価としては歴代政権で最も高い支持率だそうで、政権の実績からすれば不思議なことである。

しかし、よく見ると肯定的評価が上がったのは文在寅氏のもともとの支持層である中高年層だけの現象のようだ。40代の支持率が9.5ポイント上がって50.4%、50代が8.6ポイント上昇して42.4%となっている。ソウル・釜山市長選挙の「悪材料出尽くし」ということか。その半面20代、60代、70代の肯定的評価はいずれも20%台である。高齢層はもともと保守的であったが、以前は支持層が多かった20代が離反したところに、文政権に対する現実的な評価が現れている。

文政権の国内政治は、「自画自賛」と「言い逃れ」、「ネロナンブル」(「私がすればロマンス、他人がすれば不倫」=ダブルスタンダード)の繰り返しであった。そのため数々のスキャンダルに見舞われながらも一切反省はない。失政のしわ寄せは、もともとは文在寅大統領を支持してきた20代に集中しており、若年層の文政権離れが加速している。反対に40代、50代の一部は職を失っているが、多くは既得権者となり、不動産や株などの資産価値の高騰で潤っている。こうした世代間格差による社会の分断が加速している。

企画財政部は7日、経済報告書「文在寅政府4周年、その間の経済政策推進成果及び課題」を発表した。その中身は「韓国企業は政府の規制撤廃でいつもより経営環境が改善され、国民も高まった所得に支出負担は低くなり、いつもより質の高い暮らしを営んでいる」といった、お得意の自画自賛の連発だ。しかし、政府の状況認識と国民目線には大きなギャップがあると言わざるを得ない。

就任4年の文在寅、経済失政・外交崩壊続きも「自画自賛」の厚顔 4年間で韓国にもたらしたのは「国民の分断」 | JBpress (ジェイビープレス)
5月10日、文在寅大統領は就任4周年を迎えた。文大統領は同日、青瓦台で特別演説を行い、国民経済、新型コロナ、南北関係について語った。ただし日韓関係に関する言及はなかった。客観的に見れ(1/5)

まあ文在寅のこれまで4年間は失敗だったということだ。

4年かからずともわかっていたことではあるが。

スポンサーリンク

では文在寅でなければ成功していたかというとこれはまた違う。

朴槿恵前政権から、明らかに日本の対応は変わった。

「従軍慰安婦」とやらも「徴用工」とやらも日本は突っぱねた。

韓国は長年あると信じ切って疑わなかったATMを失った。

さらにアメリカは米韓同盟を解消する動きを見せてきた。

この状況で成功できる大統領はいまい。

文在寅もその後を継ぐ大統領も、待っているのは地獄である。

武藤正敏氏、「対北朝鮮」で溝深まる米韓 首脳会談決定でも歩み寄る気配なし

武藤正敏氏、党内から“ブーイング続出” 側近からも「見捨て」られた文政権の末路

武藤正敏氏、北朝鮮への幻想捨てられぬ文在寅 米国の対北政策を必死に牽制

武藤正敏氏、文在寅が“自爆”へ…! 米国からも「見捨て」られた文政権の末路

武藤正敏氏、反日政策の限界知った文在寅 「対日政策転換」は果たして本気か

武藤正敏氏、文在寅が“万事休す”へ…韓国国民に「見捨て」られた文政権の末路

武藤正敏氏、日本批判が空振りの文在寅 国際社会の賛同得られず

武藤正敏氏、北朝鮮が「習近平とタッグ」で突き進む「核兵器大量開発」のヤバすぎる末路

武藤正敏氏、韓国「処理水、影響なし」でも日本攻撃

武藤正敏氏、韓国国民からも米中朝からも「見捨て」られた文政権の末路

タイトルとURLをコピーしました