スポンサーリンク
adsense002

古森義久氏、やはり「トランプ路線継承」ではなかったバイデン政権の対中政策

やはり「トランプ路線継承」ではなかったバイデン政権の対中政策

オバマ、トランプ両政権の混合で「よりソフトに」

米国バイデン政権のアジア政策の中枢に立つ高官が、同政権の対中政策はオバマ政権の融和路線とトランプ政権の強硬路線の両方を組み合わせた内容だと発言した。

融和的すぎると批判されたオバマ政権の対中姿勢をバイデン政権が取り入れたことを、公開の場で認めるのはきわめて珍しい。同時に、トランプ前政権の政策の“一部継承”を認めたこともバイデン政権としては稀だといえよう。

この発言は、バイデン政権の対中姿勢が、硬軟の入り混じった“まだら模様”であることを公式に認めたことにもなる。中国側にとっては、バイデン政権の政策がトランプ前政権よりもソフトであることが確認されたわけで、米国に対してこれまでより積極果敢な攻勢に出ることも予測される。(引用ここまで)

やはり「トランプ路線継承」ではなかったバイデン政権の対中政策 オバマ、トランプ両政権の混合で「よりソフトに」 | JBpress (ジェイビープレス)
バイデン政権のアジア政策の中枢に立つ高官が、同政権の対中政策はオバマ政権の融和路線とトランプ政権の強硬路線の両方を組み合わせた内容だと発言した。(1/4)

まあ当初から読めていたことではある。

バイデンとなったアメリカではさほど強いことを言えないということだろう。

スポンサーリンク

だが事態は既に進んでいる。

中国は日に日に周辺国に喧嘩を売りまくっている。

相手はアメリカだけではない。

そしてこの全方位喧嘩体制が生むのは中国包囲網である。

アメリカは確かに単純に単独での力が強い。

しかし、もはやアメリカだけでは対中戦略は進まない。

結局はアメリカといえども引きずり込まれることになるだろう。

古森義久氏、バイデン政権のケリー特使 過去にイランへ秘密情報を提供か

古森義久氏、「中国に舐められてる!」トランプ陣営がバイデン政権を辛辣批判

古森義久氏、米国・人権委員会で糾弾された文在寅政権の所業

古森義久氏、米国の真意「日本も中距離ミサイルの配備を」

古森義久氏、日本人拉致問題 期待できなくなった米国の協力

古森義久氏、偏向の塊 アメリカの政治報道は疑ってかかれ

古森義久氏、米国のトップはカマラ・ハリス副大統領なのか?

古森義久氏、強まる北京五輪ボイコットの声と沈黙のバイデン政権

古森義久氏、聴衆大熱狂のトランプ演説とバイデン政権の憂鬱

古森義久氏、中国の人権侵害は文化の産物?バイデン発言の波紋

タイトルとURLをコピーしました