スポンサーリンク
adsense002

石平さん、易姓革命が繰り返される本当の理由と中国の悲劇

易姓革命が繰り返される本当の理由と中国の悲劇|石平

百害があって一利なしの易姓革命

この原稿を書いている前日の2021年2月11日は、我ら日本国の誕生日、神武天皇が橿原で建国してから2681年も経ったのである。 「建国2681年」の国は、世界広しといえどもこの日本以外にない。たとえば日本の隣の大国・中国は今年建国72年。もちろん、それは中華人民共和国の話であって、中国大陸自体はかなりの長い歴史を持っている。ただし、中国大陸では「易姓革命」という名の王朝の交代が常にあるので、いまの「共産党新王朝」は、建国してからわずか72年の歴史しか持たない。

思えばかの大陸では、いまから3000年も前に殷王朝が革命によって潰されて以来、実に数多くの王朝の交代が起きてきた。大雑把に言えば、殷のあとは周、周のあとは秦、秦のあとは前漢と後漢、そして隋、唐、宋、元、明、清など多くの王朝が立て続けに大陸を支配し、そして崩壊して歴史のなかへ消えていった。中国史は結局、王朝交代の繰り返しである。

王朝交代はどう起きるのか。よくあるのは次のようなパターンである。

ある王朝の末期になると、政治が腐敗し王朝による搾取がますます酷くなり、民の不平不満が高まる。それに旱魃や疫病などの災難が加わってくると、人々の生活が破壊され不平不満が爆発、民衆の反乱が起きる。それに乗じて、天下取りを狙う豪族や軍閥勢力が民衆の力を結集して本格的な反乱を起こし、王朝軍と戦ってそれを打ち破り、前王朝を潰して自前の新王朝を建てるのである。

新王朝の下では内乱が治まり、しばらく天下太平の時代を迎える。しかし歳月が流れると、政治は腐敗し王朝の搾取が一段と厳しくなり、民の不平不満は高まり反乱が発生、軍閥勢力が立ち上がり、本格的な内戦が勃発という、まさに前王朝の末期と同じようなことが繰り返される。その行末は、現王朝の崩壊と新王朝の樹立である。

中国の歴史は、いつになっても王朝交代の繰り返しから抜け出すことができない。

しかしそれは、中国大陸で生きる民にとって実に大きな不幸である。王朝の支配下で、特に王朝の末期になると、民衆は常に搾取と圧政に喘ぎ大変な苦しみを味わうが、特に易姓革命が起きて天下大乱となると、阿鼻叫喚の戦乱のなかで家を焼かれたり命を奪われたりするのは、やはり民たちなのだ。たとえば大乱世の三国時代、100年にわたる戦乱のなかで、中国大陸の人口は大乱以前の5分の1にまで激減した。どれほどの民が一度の易姓革命で命を失ったか。

命だけでなく、それまでに蓄積してきた文化・文明も破壊し尽くされるのだから、易姓革命は中国人にとって百害があって一利ない。

天下国家を私物化する

問題は、中国は一体なぜこの悲惨な易姓革命を繰り返すのかである。(引用ここまで)

易姓革命が繰り返される本当の理由と中国の悲劇|石平 | Hanadaプラス
中国のお家芸「易姓革命」はいかにして生まれたのか。そしてなぜ永遠に終わることがないのか。中国の悲惨な「4000年の病」を徹底解明する。

子供の頃中国4千年の歴史と聞いて驚き憧れたものだ。

それがまるで嘘っぱちだと気づかされたのはほんのここ数年のことだ。

スポンサーリンク

中国に限らずアジアでは権威と権力を政権が同時に握っていることが多い。

そういう国では常にテロの危険がある。

だから城壁を巡らし、「自らの治めるべき民」からの反逆におびえることとなる。

そういう国の民度が向上しないのも当然と言えば当然なのだろう。

日本では天皇は権威を持っておられる。

政権がいかなる権力争いをしようとも、権威は天皇の元にあった。

日本は本当に恵まれている。

石平さん、中国の求心力は低下していく 崩壊は中途半端に終わらない

石平さん、「文革の悲劇の再来」はいよいよ目の前の現実となってくる

石平さん、習近平の気候変動サミット参加がバイデンへの「屈服」である理由

石平さん、中国は「福島原発処理水」で長く激しく騒ぎ続ける

石平さん、中共政権は正真正銘ファシズムのマフィア政権である

石平さん、小泉進次郎に「てめえのようなチンピラ政治家」

石平さん、アメリカ北京冬季五輪不参加か 中国に「悪夢の到来」

石平さん、中国外交トップ「チンピラ発言」の狙いは自分の出世?

石平さん、金融行政の責任者が警鐘をならす中国不動産バブル「崩壊の瀬戸際」

石平さん、オリンピック委員会は殺人ワクチンを選手たちに接種させるつもりなのか

石平さん、中国はワクチン提供で人権弾圧が払拭できればいいと画策している可能性

タイトルとURLをコピーしました