スポンサーリンク
adsense002

「山尾志桜里問題」の対応が握る、国民民主党の命運

【安積明子】「山尾志桜里問題」の対応が握る、国民民主党の命運【《あづみん》の永田町ウォッチ No52】

4月25日に投開票された参議院広島県選挙区再選挙の取材で、前日の24日に広島入り。夜には旧市民球場で行われた宮口治子候補のマイク納めに行ってきたのですが…。

立憲民主党は力が入っていますね!枝野幸男代表に福山哲郎幹事長、泉健太政調会長に渡辺周幹事長代行まで参加です。国民民主党も、玉木雄一郎代表が広島入りしていました。声をかけると「私の眉をヒマネタに書きましたね!」と、やっぱり先週の本コラムを読んでくれていたようです。いいじゃないですか、平和な証拠です。

しかし常に平和とは限りません。さっそく4月28日発売の週刊文春が、国民民主党の山尾志桜里衆議院議員の“議員パス不正使用”を報じました。それだけではありません。山尾氏の“政策顧問”である倉持麟太郎弁護士の元妻が昨年自殺したことも報じています。元妻は週刊文春2018年3月22日発売号に山尾氏に「夫と息子を返して!」と手記を寄せていました。

これはアカンでしょう。衆議院の任期はあと半年です。半年以内に解散総選挙があるのです。山尾氏は東京ブロックの1位で、いわば選挙の目玉。なのに、政党としてのイメージダウンは必至ですよ。だからこのコラム欄でも書いたじゃないですか、「や・め・と・け」って。

同日の会見で玉木さんは「山尾議員は説明すべき」と言いましたが、Twitterに2度投稿し、党の動画番組の冒頭で50秒喋ることが「説明」なのでしょうか。これでは、2017年9月に民進党を逃げるように離党した時に声明文だけ読み上げて記者の質問を振り切ったのと変わらないじゃないですか。もっとも立憲民主党を離党する時には、山尾氏は思い切りにこやかに30分以上も記者会見していましたけど。(引用ここまで)

【安積明子】「山尾志桜里問題」の対応が握る、国民民主党の命運【《あづみん》の永田町ウォッチ No52】
山尾志桜里衆議院議員に「文春砲」がさく裂。報道内容は昨年の話であり、なぜ今?という疑問も浮かびつつも、"議員パスの不正使用"と、何かと噂される"政策顧問"の前妻の自殺という内容が世間に与える印象は最悪であろう。国民民主党もこの問題の舵取りを誤れば、「真っ当な野党」として徐々に認知されてきたこれまでの努力が水泡に帰すであ...

もう無理。

国民民主は今回の選挙で露と消えるだろう。

スポンサーリンク

そうでなくても国民民主に投票しようなどという人はほとんどいない。

玉木も相も変わらず立憲に寄ってみたり自民に寄ってみたり。

国民民主をどういう方向に持って行きたいのかさっぱり分からない。

まあそれをやる度胸があればわざわざ大平元首相の票組織をもらいながら野党で立候補するなどいう馬鹿なことはやらないのだろう。

今更玉木に正気に戻れなどと言っても無駄である。

元々政治家向きではないのだ。

そんなことよりお友達の応援に必死な安積こそ正気に戻れと言いたい。


政治
スポンサーリンク
kotonoaniをフォローする
名無しの果て
タイトルとURLをコピーしました