スポンサーリンク
adsense002

武藤正敏氏、日本批判が空振りの文在寅 国際社会の賛同得られず

日本批判が空振りの文在寅、国際社会の賛同得られず

原発処理水問題が証明、「韓国の反日外交は負け戦ばかり」

今や韓国の対日外交は、理性ではなく、感情で動く「反日外交」になっている。そしてその反日外交の目的は、冷静な国益追求ではなく、国民感情追従でしかない。さらに言うなら、時としてその国民感情とは、大多数の国民の感情ではなく、国民の一部、すなわち文在寅支持者の市民団体の感情に過ぎない場合さえある。こうなるとその行動はまるで合理性に欠け、国際社会から理解されない結果となってしまう。

今回そうした反日外交が、福島第一原発の処理水放出の問題でまた姿を現した。その光景は、これまでの慰安婦、徴用工、戦略物質の輸出規制強化、日本の自衛隊機へのレーダー照射、旭日旗掲揚など様々な問題で見られたものと瓜二つだ。韓国政府、特に文在寅政権は、各種のフェイクニュースを流し、国民感情を抑えるどころかそれを煽って、無謀な外交的要求や主張を日本に向かって繰り返してきた。その悪弊がまた姿を現したのだ。

韓国政府の交渉姿勢は国民感情をバックに、「国民が納得しないから譲れない」と主張することが多かった。したがって譲歩案を出すこともなく、主張ばかりを繰り返してくる。このような一方的な外交的主張は先進国の一員となった韓国にはもはや相応しくない。もちろん日本はそれに譲歩する必要はないし、それで困ることもない。文在寅政権のあまりに自分たちに都合の良い主張に、国際社会からも以前のような同情はなくなってきているからだ。

西側諸国と価値観異なる韓国の外交

今回の原発処理水放出の問題に関しても、韓国と共同歩調を取るのは、国際社会の中で北朝鮮や中国だけである。

北朝鮮は「日本が世界的な悪性伝染病事態で苦難を受けている人類に、新たな大災難をもたらそうとしている」と非難した。中国も「日本は安全措置を講じていない状態で、国内外の反対にもかかわらず、周辺国家及び国際社会と十分協議せず、一方的に汚染水処理を決定した」「これが責任ある国家のすることか」と批判している。

国連の制裁を無視し核開発を強行するばかりでなく、人民の人権を全く顧みない北朝鮮。国際法のルールに従わず領土拡張を志向す一方、国内では人権弾圧を繰り返し、そして新型コロナの世界的感染に対する責任も認めようとしない中国。このように国際社会の反発が強い北朝鮮、中国と連帯する韓国に共感を覚える国はないだろう。(引用ここまで)

日本批判が空振りの文在寅、国際社会の賛同得られず 原発処理水問題が証明、「韓国の反日外交は負け戦ばかり」 | JBpress(Japan Business Press)
今や韓国の対日外交は、理性ではなく、感情で動く「反日外交」になっている。そしてその反日外交の目的は、冷静な国益追求ではなく、国民感情追従でしかない。さらに言うなら、時としてその国民感情とは、大多数の国民の感情ではなく、国民の一部、すなわち文在寅支持者の市民団体の感情に過ぎない場合さえある。こうなるとその行動はまるで合理...

韓国である。

まあいつも通りである。

スポンサーリンク

韓国のような弱小国が発言権を得られていたのは、アメリカが日本を押さえるため韓国を必要としていたことと、2000年頃の日本の知的財産のザルっぷりを利用してサムスン他が稼いでいたからである。

今や時代は変わった。

アメリカの敵は完全に中国になり、韓国は借金まみれになった。

ここで何を言おうとも誰も耳を貸してはくれない。

情報化社会が発達して昔のように「日本の方から来ました」だけで商売ができるわけではない。

それどころかすでに韓国の悪評で世界は満ちている。

これから先どんな地獄が待っているのか楽しみである。

武藤正敏氏、北朝鮮が「習近平とタッグ」で突き進む「核兵器大量開発」のヤバすぎる末路

武藤正敏氏、韓国「処理水、影響なし」でも日本攻撃

武藤正敏氏、韓国国民からも米中朝からも「見捨て」られた文政権の末路

武藤正敏氏、文在寅の大誤算…! 韓国が直面するヤバい「北朝鮮ミサイル問題」

武藤正敏氏、支持率底割れ 土地投機問題で崖っぷちの文在寅政権

武藤正敏氏、「身内と北朝鮮を優先」韓国の人権状況を米国が酷評

武藤正敏氏、ついに支持率が「過去最悪」で韓国国民の「文在寅離れ」が止まらない!

武藤正敏氏、自殺者続出 不正土地取引疑惑が文在寅周辺に飛び火

武藤正敏氏、文在寅よさらば…不正続出に国民が「大激怒」万事休すへ!

武藤正敏氏、文在寅が辞任させた検事総長、大統領選の台風の目に

タイトルとURLをコピーしました