スポンサーリンク
adsense002

古森義久氏、日本人拉致問題 期待できなくなった米国の協力

日本人拉致問題、期待できなくなった米国の協力

日米韓安全保障協議で示されたバイデン政権の消極姿勢

4月2日に開かれた米国、日本、韓国の安全保障担当高官の会議では、北朝鮮による日本人拉致事件の解決に向けた国際協力がこれまでになく小さな比重しか与えられなかった。

米国のバイデン政権の対応は、トランプ前政権と比べると明らかに消極的だった。北朝鮮への対処に関して、米国はこれまでとは異なる姿勢をみせつつあるようだ。

単に「拉致問題」と記されているだけ

米国のジェイク・サリバン国家安全保障担当大統領補佐官、日本の北村滋国家安全保障局長、韓国の徐薫国家安保室長の三者は4月2日、米国の首都ワシントンに近いメリーランド州アナポリスの米海軍士官学校で、三国間の安全保障協議に臨んだ。北朝鮮情勢やインド太平洋情勢への対処を主題とする協議が行われ、その結果をまとめた共同声明が会談直後に発表された。

これまで日本と米国との安保協議では、北朝鮮工作員による日本人拉致事件の解決が最大ともいえる比重を与えられていた。だが今回の声明では、その重要性や緊急性を後退させる流れが顕著となった。(引用ここまで)

日本人拉致問題、期待できなくなった米国の協力 日米韓安全保障協議で示されたバイデン政権の消極姿勢 | JBpress(Japan Business Press)
4月2日に開かれた米国、日本、韓国の安全保障担当高官の会議では、北朝鮮による日本人拉致事件の解決に向けた国際協力がこれまでになく小さな比重しか与えられなかった。

まあ当然だろう。

アメリカ民主党は内政面で現在のところ手が一杯の様子だ。

スポンサーリンク

本来拉致被害があれば国家が戦争覚悟で取り戻しにいくべきだ。

トランプ政権の4年間、特に後半の時期が異常だったと思い直すべきなのだろう。

一刻も早く憲法改正し、拉致被害が起きないような態勢を整えるべきである。

アメリカに期待するだけ無駄なのだ。

もう一つ問題なのは韓国文在寅政権だ。

いつまで敵国を仲間かのように装っているつもりなのか。

韓国は北朝鮮の属国でしかない。

古森義久氏、偏向の塊 アメリカの政治報道は疑ってかかれ

古森義久氏、米国のトップはカマラ・ハリス副大統領なのか?

古森義久氏、強まる北京五輪ボイコットの声と沈黙のバイデン政権

古森義久氏、聴衆大熱狂のトランプ演説とバイデン政権の憂鬱

古森義久氏、中国の人権侵害は文化の産物?バイデン発言の波紋

古森義久氏、前米国大使 韓国で受けた人種差別攻撃の衝撃を告白

古森義久氏、外務省は「反日」韓国大使をなぜ受け入れたのか

古森義久氏、対中政策のキーマン キャンベル氏の親中すぎる過去

古森義久氏、「選挙不正」徹底調査したナヴァロ報告書の説得力

古森義久氏、ハンター疑惑の追及本格化でバイデン政権は炎上か

タイトルとURLをコピーしました