スポンサーリンク
adsense002

ホロコーストを想起させる「ウイグル弾圧」~もはや対岸の火事ではない~

【濱田浩一郎】ホロコーストを想起させる「ウイグル弾圧」~もはや対岸の火事ではない~

勇気ある告発と報道

漫画家の清水ともみ氏が、中国共産党によるウイグル弾圧を漫画で告発した『命がけの証言』(ワック刊)が話題を集め、版を重ねている。清水氏は、これまでにも、ウイグル弾圧の実態を描いた『その國の名を誰も言わない』『私の身に起きたこと~とあるウイグル人女性の証言~』を描き、大きな反響を得ている。命がけの証言をしたウイグルの人々はもちろんだが、清水氏の勇気と努力にも敬意を表したい。

さて、中国が新疆ウイグル自治区の人々に一体、何をしてきたのか。その実態が、海外の報道番組によっても、徐々に明らかとなってきている。特に、イギリスBBCは、この問題に対して、貴重な報道をしている。最近(2021年2月6日)では、新疆ウイグル自治区の少数民族・ウイグル族らの監視・統制を目的とした「再教育」施設で、収容中の女性らに対し性的暴行や虐待、拷問が組織的に行われていたと報じた。

昨年(2020年7月)には、イギリスのドミニク・ラーブ外相がBBCの番組に出演し「おぞましく、甚だしい人権侵害が起きていることは明らかだ」と述べ、中国共産党のウイグル人弾圧を非難した。また同外相は「事態を非常に深く憂慮しており、強制不妊手術や教育収容所など人的な側面への影響に関する報告は、私たちの目に長年みられなかったことを思い起こさせる」とも発言している。

「長年みられなかったこと」――この言葉を聞いて、読者は何を思い浮かべるだろうか。私は、中国の行為は、「民族浄化」に等しいものだと思う。このような行為は、90年代に入ってからも、例えば、ユーゴスラビア内戦、アフリカのルワンダでのフツ族とツチ族間で見られた。しかし、その最大なものは、ナチス・ドイツによって行われたユダヤ人の大量虐殺であろう。虐殺の犠牲となった人々の数は、一説には約600万人にのぼると言われている。

ナチス・ドイツは、ポーランド等に作られた絶滅収容所のガス室において、ユダヤ人などを殺害した。中国共産党政権も、ウイグル自治区において「再教育」施設という名の強制収容所において、ウイグルの人々を殺し、拷問し、苦しめているのだ。そのことは、清水氏の漫画、ウイグルの人々の証言、国内外の報道、そしてジャーナリスト・福島香織氏の著書『ウイグル人に何が起きているのか』(PHP新書、2019)などによって、明らかである。(引用ここまで)

【濱田浩一郎】ホロコーストを想起させる「ウイグル弾圧」~もはや対岸の火事ではない~
清水ともみ氏著『命がけの証言』(ワック刊)やBBC報道から、ようやくウイグルの過酷な実情が知られ始めた。この許されざる「民族浄化」に対して、国際社会はどう考えどう対処してゆくべきか。事態はもはや対岸の火事ではない―

中国の人権弾圧国家というイメージはますます大きくなる一方だ。

中国が否定すればするほどそのイメージに拍車がかかる。

スポンサーリンク

これはここ数年明らかになった部分でさえ各国の人権擁護団体が声を挙げなければおかしいだろう。

本来中国がどれだけこの種の人権弾圧を繰り広げてきたか明らかにしてもらいたいものだ。

おそらく世界中が絶句するはずだ。

中国共産党だけではない。

本来なら中国という国の成り立ちから責められてもいいぐらいだ。

まあ実際現実的にはウイグルや香港などにとどまるのかも知れない。

だが中国人の人権という言葉に対する軽さは皆良く知っておくべきだ。

タイトルとURLをコピーしました