スポンサーリンク
adsense002

島田洋一氏、米国 中国ウイグル人弾圧を『ジェノサイド』五輪ボイコットに反対は難しい

22年北京冬季五輪をボイコット ウイグル問題で世界に波紋 米「参加決定していない」 中国に「莫大な放映権料支払うのか」

2022年北京冬季五輪の開催に暗雲が立ち込めてきた。欧米の政治家や人権団体が、中国当局による新疆ウイグル自治区や香港での人権問題を指摘して、開催地変更やボイコットを呼び掛けているのだ。ウイグル人弾圧を、国際法上の犯罪である「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定する動きもある。こうしたなか、五輪に強い影響力を持つ米国が北京五輪に「参加未定」の立場を表明し、波紋を呼びつつある。

「(ジョー・バイデン大統領は)最終決定をしていない」

米国のジェン・サキ大統領報道官は25日の記者会見で、米オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)の判断を尊重するとしたうえで、北京五輪への米国参加について、こう語った。

~略~

国際社会の視線が厳しくなるなか、北京五輪はどうなりそうか。

 米国事情に詳しい福井県立大学の島田洋一教授は「ドナルド・トランプ前政権は、中国当局によるウイグル人弾圧を『ジェノサイド』と認定し、バイデン政権も追認している。北京五輪ボイコットの議会決議に向けて動く共和党議員もいる。今後、米国の大手テレビ局に『人権問題を抱える国で開かれる五輪に莫大(ばくだい)な放映権料を支払うのか』と迫るのではないか。こうなると、ボイコットに反対は難しいのではないか。日本も意思決定を求められる場面が訪れるだろう」と分析している。

22年北京冬季五輪をボイコット ウイグル問題で世界に波紋 米「参加決定していない」 中国に「莫大な放映権料支払うのか」
2022年北京冬季五輪の開催に暗雲が立ち込めてきた。欧米の政治家や人権団体が、中国当局による新疆ウイグル自治区や香港での人権問題を指摘して、開催地変更やボイコッ…

そろそろ先進国でボイコットの流れが出てきた。

この流れは止められまい。

スポンサーリンク

中国内部のことだけなら話は簡単だ。

五輪という世界大会だからこういうことになる。

ウイグルだけでなく香港を見れば中国が人権に気を遣っているなど考えられない。

イギリスもその一点があるから引き下がれないだろう。

それ以外にも欧州、特に北欧あたりでは中国の人権状況は耐えられないに違いない。

まあ2022年までに中国共産党が崩壊する可能性もある。

だがいずれにしてもこの問題はますます大きくなっていくだろう。

島田洋一氏、トランプ大統領 戒厳令発出は厳しい 特別検察官を任命すべきだ

島田洋一氏、バイデンの近衛兵と化した米メディア

島田洋一氏、バイデン氏は「言行不一致」で有名 日本政府は常に警戒せよ

島田洋一氏、逃げのノーベル平和賞と日本学術会議

島田洋一氏、WTO事務局 日本も「事務局長が決まらずとも構わない」

島田洋一氏、廃止しかない「日本学術会議」

島田洋一氏、米大統領選 バイデン氏当選の“悪夢”

島田洋一氏、問題の本質は学術会議に税金を注ぎ込んでいる点 

島田洋一氏、米最高裁人事は「百年マラソン」

島田洋一氏、ペンスとハリス副大統領候補争い

タイトルとURLをコピーしました