スポンサーリンク
adsense002

「日本が見習うべき欧州」の惨状

【谷本真由美】「日本が見習うべき欧州」の惨状【コラム:日本人のための目覚まし時計】

新型コロナが世界を騒がせるようになって1年近くになる。欧州の現状は日本に比べてはるかに酷い。私が暮らすイギリスに至っては死者は約9万人で、日本の20倍以上だ。依然として、自宅で幼いわが子を抱えて怯える日々が続く。この1年で筆者の体重は10キロ以上減った。

昨年のイギリスにおける死者数の合計は、過去5年間の平均をもとにした年間死者数予測を8万5千人近く上回り、超過率は驚きの14%。第二次大戦以来、最大の超過死亡数を記録した。

イギリスに限ったことではない。『ウォール・ストリート・ジャーナル』が世界59カ国・地域のデータを分析したところ、死者総数は平年の水準を12%以上も上回っているという。

日本はどうか──。

厚生労働省の推計によれば、2020年上半期の日本の超過死亡数は約7,500人と、過去3年を下回っている。2019~19年の上半期の超過死亡数は2万人前後なので、驚くべき減少数といえる。コロナ感染者が増える一方でインフルエンザによる死者が減っているため、トータルの死者数は減っているのだ。

統計上の死者数はごまかせない。日本はコロナ対応で驚くべき実績を残している。

しかし、日本のテレビ・新聞は「日本のコロナ対応は間違っている」などと繰り返し報じている。マスコミには大変な怒りを覚えてならない。彼らはなぜ実情を伝えないのか。(引用ここまで)

【谷本真由美】「日本が見習うべき欧州」の惨状【コラム:日本人のための目覚まし時計】
引き続き世界を悩ませているコロナ禍で、日本のメディアでは相も変わらず「諸外国の対応を見習うべき」という論調が目立つ。しかし、日本の医療機関の対応、一般人の自発的な「抑制」行動は、世界の中で目を見張るべきものだ。それに引き換え、英国に在住する著者が紹介する欧州の実情というと――。(『WiLL』2021年3月号初出)

谷本真由美氏というのはネット上ではめいろまとしての方が有名だろう。

イギリス在住で様々な問題に関して発言を続けている。

スポンサーリンク

おそらくめいろま氏が気づいていないことだと思うのだが、やはりイギリスなり欧米にいることで個人の攻撃性が上がっているのではないか。

めいろま氏がいう通りヨーロッパもアメリカも日本とは比べものにならないほど生活レベルは低い。

もちろん低所得者に限ったことなわけだが、日本は低所得者に対する扱いでも比較にならない。

まあそもそも低所得の限度がかなり違うこともあるだろう。

めいろま氏が言っていることが間違っているわけではないのだ。

もはや文化的なレベルから言っても日本は間違いなく世界一である。

この生活を手放さないためにもめいろま氏のような攻撃的な姿勢が多少は必要かも知れない。

タイトルとURLをコピーしました