2020-11-13

スポンサーリンク
政治

百田尚樹さん、今回のアメリカ大統領選挙には大規模な不正があったと思ってる

しつこく言うが、私は今回のアメリカ大統領選挙には大規模な不正があったと思ってる。 不正を疑う人たちを、サヨクは憎悪を込めて攻撃するが、なぜか保守の論客の中にも小バカにする人がいる。 すべての真相が明らかになってない時点で、不正を疑う人をバカにしなくてもいいのではないかと思うのだが
政治

日本学術会議は共産党と反日派の巣窟だった

米中の動きは日本の安全保障や安定にも直結する。
アメリカ

池田信夫氏、バイデン大統領でもアメリカ社会の分断は終わらない

アメリカ大統領選挙は、バイデン元副大統領が勝利宣言して「分断ではなく結束を目指す大統領になる」と誓ったが、その前途は多難である。何しろ相手のトランプ大統領が、まだその勝利を認めないからだ。
アメリカ

大原浩氏、「バイデン三日天下」はありうるのか?

本稿を執筆している11月11日時点で、日米のオールドメディアは、民主党大統領候補のジョー・バイデン氏がまるで大統領に就任したかのような記事を垂れ流している。しかし、もちろんこれは大きな誤りである。
政治

長谷川幸洋氏、大統領選でわかった日本の新聞の絶望的な末路

米国のジョー・バイデン次期大統領が本格的に政権移行の準備を始めた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました