スポンサーリンク
adsense002

歳川隆雄氏、米大統領選後 台湾で起こる最悪のシナリオ

中国はもはや我慢の限界だ…米大統領選後、台湾で起こる最悪のシナリオ

トランプ政権「対中強硬政策」の末路

我慢の限界

奇しくも同じ10月23日付の「読売新聞」と「日本経済新聞」が台湾問題を巡り米中間の緊張がピークに達していると大きく伝えている。

「読売新聞」は国際面トップに「防空圏侵入・中間線越え、中台境界 高まる緊張―中国軍、連日の威嚇」の見出しを掲げて、同記事リードにこうある。<米中、中台の軍が向き合う台湾周辺で、中国軍が有事を想定したとみられる動きを活発化させている。台湾海峡の中間線越えなどが頻発し、台湾は1990年代の台湾海峡危機以来、最も高い緊張状態にある。来月の米大統領選前後に、軍用機などが絡む偶発的な事件が起きかねないとの懸念も出ている。>

「日経新聞」は提携する英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の外交コメンテーターであるギデオン・ラックマン氏が20日付FTに寄稿したコラムの和訳を掲載したものだ。同コラムで<中国が米国の今の政治的混乱に乗じて11月か12月に台湾に対し何らかの行動を起こし、国際情勢が深刻な事態に陥るリスクがある。>と指摘している。

要は、中国が11月3日の米大統領選後に台湾に対して何らかの軍事アクションを引き起こす懸念があるということだ。今なぜ、台湾周辺で中台間の緊張が高まり、それに伴い米中間は一触即発状態までエスカレートしたのか。1国2制度による台湾統一を目指す中国の習近平指導部とって、この間のトランプ政権の対中強硬政策は我慢の限界を超えてしまったのだ。(引用ここまで)

中国はもはや我慢の限界だ…米大統領選後、台湾で起こる最悪のシナリオ(歳川 隆雄) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

中国が我慢の限界に達しているという。

確かにここ数日の台湾海峡を見れば中国がジリジリしているのもわかる。

スポンサーリンク

だが世界から見てどうか。

世界は中国という獲物がわなに飛び込んでくるのを待っている。

中国以上に世界がジリジリとしているのだ。

中国という名の太った豚がいつ手元に転がってくるのか。

中国軍はもう百数十年まともに外国の軍隊との戦争を経験していない。

まして一人っ子政策世代で構成された軍隊なのだ。

それが勝てるわけが無い。

歳川隆雄氏、米大統領選 トランプ氏支持の岩盤層は侮れない

歳川隆雄氏、トランプは本当に「劣勢」なのか

歳川隆雄氏、米大統領選 トランプ新型コロナから復活すれば大逆転あり得る

歳川隆雄氏、菅義偉首相の卓越した「政治力」の原点をご存知か

歳川隆雄氏、米大統領選 トランプ氏の猛“口”撃からバイデン氏は身を守れるか

歳川隆雄氏、アメリカで大人気だったギンズバーグ判事…その死が大統領選に与える影響

歳川隆雄氏、菅首相の“巧妙人事”

歳川隆雄氏、「菅流勝利の方程式」の継承者は?

歳川隆雄氏、菅官房長官の「デジタル庁」構想には知られざる布石があった…!

歳川隆雄氏、9月解散説に「2つの任期」

猫ねこ動画

犬いぬ動画

どうぶつ動画

動画が大量になってきたので3つに分けました。

ようこそ日本へ
外国人の日本訪問動画です。

日々是健康

健康について日々思う事を。

掃除をしろ、さもなくば死だ

絶望的に掃除が苦手な男が掃除を勉強します。

男の料理

一人暮らしの料理の助けに。

大学・高校入試徹底研究

学習のお手伝いに。

お暇なら覗いてみてくださいね


政治ランキング

アクセスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました